のらぼう菜の種まき

2018年11月08日

のらぼう菜という食用菜の花を育てることにしました。
菜の花は東谷川の河原にいくらでも自生しています。
若い花芽は昔から食用にされていてやや苦みが強い
のでフキノトウなどと同じで春の季節を味わう程度です。
ところがネットで北関東の伝統野菜で「のらぼう菜」とい
う菜の花があり若い花芽を食べるそうです。菜の花
特有の苦みが少なく食べやすいとのことです。たまたま
HCで種を見つけたので育てることにしました。私はふつ
う葉物野菜は種を畑にバラまくだけなのですが今回は特
別待遇で育てます。さてさてどんな味なのか今から楽しみ
です.





のらぼう菜の種です。今回は一部、苗を育てて植えつける予定です。


同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
猪肉の野草炒め
私の秘かな企み(健康ご長寿計画)
蜂蜜の力
農薬不使用米の田圃拡張決定
農薬不使用の新米ができました。
秋冬野菜の準備
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 猪肉の野草炒め (2018-11-12 20:12)
 私の秘かな企み(健康ご長寿計画) (2018-11-11 18:07)
 蜂蜜の力 (2018-10-16 20:31)
 農薬不使用米の田圃拡張決定 (2018-10-05 20:03)
 農薬不使用の新米ができました。 (2018-09-29 21:34)
 秋冬野菜の準備 (2018-09-17 11:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。