篠笛の改良(篠笛6)

2018年09月25日

町内から篠竹の笛を借りていますが6音、7音の高音が
でなくて苦戦しています。仕方ないのでプラ管で自作の
笛を作りそれで練習しています。自作のプラ笛は音も出
やすくて良いのですが篠竹の魅力も捨てがたくなぜ音が
出ないのかをもう一度検証してみました。最初は笛の筒
が太いのでそのためかと思いましたがどうも、それだけ
ではないようです。唄口の後方に音を反射する詰め物が
あるのですがその位置がどうもずれているようです。
普通は唄口後方1mmから5mmくらいですが1cmは
後ろにありました。それで詰め物をいったん取り出して
再調整しようと思いましたが菅頭に節があって取り出せ
ません。仕方ないのでちょっと勇気が要りましたが節を
くりぬき詰め物を取り出し、新たに木片を詰め直しました。
恐る恐る吹いてみたらこんどは6音、7音とも出ました。
これで一安心です。節を抜いたので菅頭の強度が気に
なったので手持ちの本漆を蒔いて補強しました。漆は
一週間でほぼ乾燥するので間もなく練習を再開できま
す。



菅頭と菅尻に漆を蒔いて補強しました。



唄口のエッジの部分も漆を塗ってみました。(エアリードがきれいに響くことを期待しています。)


同じカテゴリー(クラフト)の記事画像
久々の肥後守の登場
篠笛5
篠笛4
篠笛3
篠笛2
金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生
同じカテゴリー(クラフト)の記事
 久々の肥後守の登場 (2018-10-02 19:24)
 篠笛5 (2018-09-04 21:57)
 篠笛4 (2018-08-17 20:03)
 篠笛3 (2018-08-05 17:06)
 篠笛2 (2018-08-03 21:35)
 金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生 (2018-03-09 12:29)

Posted by メドウおじさん at 19:04│Comments(0)クラフト
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。