篠笛5

2018年09月04日

いよいよ秋祭りまで2ヶ月を切り合同練習も始まりました。
初めての祭囃子の篠笛チャレンジですが私が使用してい
る笛は管径が15mmの太めの笛で大きな音は出やすい
ですが高音は難しいです。特に5,6,7音がほとんど出ま
せん。このまま練習を練習を続けても本番に間に合わな
い可能性もあるので自分用に笛を自作することにしまし
た。今一番の問題は高音部が安定して出ないという事で
管径を12mmと細くして唄口も自分に合わせたサイズで
作りました。管の材料は篠竹は乾燥が出来ないので本番
に間に合わないのでネットを参考にしてホームセンターで
購入したプラ製の人工竹(園芸資材)を使いました。出来
上がったものは音程的には八本調子のやや高めの音で
した。音量的にはやや小さめですがとりあえず高音の5,
6,7音は今の私の技量でも出せるものでした。当面これ
で練習することにしました。



一番上の笛が町内から貸与されている篠笛です。下の二本が今回自分用に
作った物です。

笛の太さの比較です。音色や音の安定性はイマイチです。
自作品の分、クセが結構ありますがとりあえず、2オクターブの音が出ます。



同じカテゴリー(クラフト)の記事画像
久々の肥後守の登場
篠笛の改良(篠笛6)
篠笛4
篠笛3
篠笛2
金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生
同じカテゴリー(クラフト)の記事
 久々の肥後守の登場 (2018-10-02 19:24)
 篠笛の改良(篠笛6) (2018-09-25 19:04)
 篠笛4 (2018-08-17 20:03)
 篠笛3 (2018-08-05 17:06)
 篠笛2 (2018-08-03 21:35)
 金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生 (2018-03-09 12:29)

Posted by メドウおじさん at 21:57│Comments(0)クラフト
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。