篠笛3

2018年08月05日

さあ、いよいよ試作一号の製作にかかります。使用する
篠竹は長さが30cm、太さは1.5cmです。ちょうど
ピッコロサイズです。唄口は1cm、指穴は7mmの
電気ドリルで開けます。指穴の位置。間隔は名人の笛を
参考に6穴にしました。穴のバリをルーターで削って
滑らかに仕上げたら一応出来上がりです。
早速吹いてみました。音色は狙い通り高音が出ましたが
かなり癖が強く、音が不安定なのと音階の調律がバラバ
ラで私のヘタさ加減を差し引いても使えそうにありません。
筒の長さと穴位置のバランスのデータをネットで探して
もう一度再トライしてみたいです。

 


試作1号です。およそ30cmでピッコロサイズです。



名人の作と並べて見ました。


同じカテゴリー(クラフト)の記事画像
篠笛2
金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生
若松リノベーション(MATERIAL)
透き漆で塗りなおし
金継ぎ3、欠け継ぎ
 赤楽茶碗・漆蒔き
同じカテゴリー(クラフト)の記事
 篠笛2 (2018-08-03 21:35)
 金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生 (2018-03-09 12:29)
 若松リノベーション(MATERIAL) (2018-02-28 21:15)
 透き漆で塗りなおし (2018-02-09 22:22)
 金継ぎ3、欠け継ぎ (2018-01-18 20:48)
  赤楽茶碗・漆蒔き (2018-01-16 21:10)

Posted by メドウおじさん at 17:06│Comments(0)クラフト
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。