笹竹レタスのその後

2018年07月05日

笹竹の成長エネルギーを利用するためにレタスを使
って先日から実験をしていました。その続報です。結
果を言うと今回は残念ながら失敗しました。というのも
レタス苗を移植して一週間は順調に生育していました。
同時に育てていた肥料たっぷりのプランターに植えて
いたものと比べても遜色のない成長ぶりで期待してい
たのですが、その後梅雨の長雨と台風と高温多湿に
レタス苗が耐え切れず腐るように溶けてしまいました。
笹竹脇に植えたものもプランター苗もほぼ同時期に
消滅しました。プランターで発芽した苗を植えたので
元々ひ弱だったのかもしれません。最初から種を直
播にした方が良かったのかもしれません。今回はう
まくいきませんでしたがまた次回、他の葉野菜で実
験してみます。

笹竹脇のレタスです。



プランターのレタスです。どちらもこの後溶けるように消滅しました。



同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
秋冬野菜の準備
トウモロコシ全滅(猿害)
枝豆初収穫
竹エネルギーの活用
虫刺され対策チンキの効果
枝豆の結実始まる
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 秋冬野菜の準備 (2018-09-17 11:43)
 トウモロコシ全滅(猿害) (2018-07-21 19:44)
 枝豆初収穫 (2018-06-28 16:45)
 美味しいという事 (2018-06-25 18:54)
 竹エネルギーの活用 (2018-06-22 21:07)
 虫刺され対策チンキの効果 (2018-06-21 20:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。