自家採種するという事

2018年06月13日

野菜は自家採種で最低5世代を重ねると独立した品種
になると言われます。
今、ホームセンターなどで販売される種はその多くがF1
種と言われる雑種強勢を図ったものです。丈夫で収量が
多いと言われますが一世代限りのもので次世代からは親
とは全く違う形質だったり中には受精すらしないものもあ
ります。
一方地方には細々と残る地野菜とか伝統野菜と呼ばれる
ものがあります。これらは5世代どころか何十年、何百年も
続いているものもあります。伝統野菜の種はその形質だけ
でなく、その土地の記憶すら伝えて、その土地に合った成
長をすると言われます。私もできるだけ自家採種した種を
使うようにしています。代を重ねるとどう変化していくのか
これも楽しみです。ちなみに今年はワイルドルッコラ、ヤブ
ツルアズキ、ササゲ豆小麦、ソバ、日本トウモロコシを自家
採種したもので育てています。


ササゲ豆です。



ヤブツルアズキです。成長のスピードが上がってきました。



こぼれ種で発芽、成長したソバです。



トウモロコシです。


ワイルドルッコラのセルバチコです。



こぼれ種の赤紫蘇です。緑の青紫蘇も生えています。




同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
猪肉キター
協生農畑の問題点
無農薬・無肥料のラッキョウ
南阿蘇ティーハウスの山茶
12月の協生畑
岩屋塩2018-2
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 猪肉キター (2019-01-10 21:19)
 協生農畑の問題点 (2018-12-29 18:05)
 無農薬・無肥料のラッキョウ (2018-12-23 07:54)
 南阿蘇ティーハウスの山茶 (2018-12-18 21:42)
 12月の協生畑 (2018-12-16 10:03)
 二人に一人が癌になる時代? (2018-12-14 19:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。