協生野菜2018春-2

2018年06月03日

反省と総括の2回目はエンドウです。10月下旬に播いた
株は3月上旬には狙い通り花も咲き始めたのですがその
後の遅霜で全滅してしまいました。結局今回収穫できた
のは12月に播いたものが中心で3月の霜害以降に播い
たものはあまり成長せずにごく少量収穫できただけでし
た。今回わかったことはエンドウは時期をずらして種まき
しなくても同じ株で鞘の結実は順番に進むので同時期
でもしっかりした株が多く育った方が収量が上がること
がわかりました。
来年は霜害の時期も考えて植えつけたいと思います。
協生畑(百草畑)では野草も根こそぎ除草せずに、コン
パニオン植物として野菜と一緒に育てるというか存置
します。有益な春野草としては一年野草としてカラスノ
エンドウやオオイヌノフグリ、ハコベなどがいいです。
これらは春野菜が終わう頃には同時に枯れるので次
の夏野菜の植え付けが楽になります。カラスエンドウ
とハコベは食用になります。


同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
秋冬野菜の準備
トウモロコシ全滅(猿害)
笹竹レタスのその後
枝豆初収穫
竹エネルギーの活用
虫刺され対策チンキの効果
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 秋冬野菜の準備 (2018-09-17 11:43)
 トウモロコシ全滅(猿害) (2018-07-21 19:44)
 笹竹レタスのその後 (2018-07-05 04:07)
 枝豆初収穫 (2018-06-28 16:45)
 美味しいという事 (2018-06-25 18:54)
 竹エネルギーの活用 (2018-06-22 21:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。