協生野菜2018春-1

2018年06月02日

春野菜のシーズンもほぼ終わったので反省と総括
を行いたいと思います。第一回目は春豆のエンドウ
とソラマメです。植えつけ(種まき)は両種とも
10月下旬でした。ただエンドウは時期をずらした
収穫をしたかったので12月中旬と3月上旬に追加
の種まきをしました。ソラマメは種豆をまいた後は
何もせず見守っただけですが、思いのほか順調に育
ましたが3月上旬に花が咲いたころに猿が花芽の
先をを四分の一くらい食べられたせいか実付きにバラ
ツキが出たようです。もう一つの課題は実の入らない
鞘が結構あったことです。
来年は少し摘果してみたいと思います。


同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
竹エネルギーの活用
虫刺され対策チンキの効果
枝豆の結実始まる
つるなしインゲン収穫
自家採種するという事
協生野菜同好会を立ち上げます
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 竹エネルギーの活用 (2018-06-22 21:07)
 虫刺され対策チンキの効果 (2018-06-21 20:58)
 枝豆の結実始まる (2018-06-16 21:04)
 つるなしインゲン収穫 (2018-06-15 20:38)
 自家採種するという事 (2018-06-13 19:19)
 協生野菜同好会を立ち上げます (2018-06-06 20:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。