自家製虫刺され液

2018年05月30日

夏の東谷はムヒなどの虫刺され薬や虫よけスプレーは
必需品です。蚊やブヨ、蜂などの虫毒は従来の考えで
は強力なアレルギー物質に体が過剰反応した結果と
言われています。以下は協生理論の仮説です。
協生理論では虫毒は仮にプラスの高エネルギーを持
っているとすると植物は癒し系のマイナスエネルギー
を持っていてその抽出液を虫刺され部位に塗るとプラ
スとマイナスのエネルギーが中和され痛み痒みなどの
アレルギー反応が治まるようです。にわかには信じが
たい部分もありますが興味深い考えなので自分自身
で作って確かめることにしました。抽出はホワイトリカ
ーに漬け込んでチンキとして利用することにしました。
今からなら夏に間に合うのでどういう風になるのか
興味深いです。



ホワイトリカーにビワの葉、ビワの種、ドクダミ、和ハッカの葉を刻んで漬け込みました。
ほぼ一か月で完成するので夏に間に合いそうです。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
ケンポナシの実
岩屋塩2018
秋の野生ネギ
和シナモンのハーブティー
痛風予防のスペシャル和ハーブティー
百草茶2018
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 ケンポナシの実 (2018-12-12 18:49)
 岩屋塩2018 (2018-11-23 20:42)
 秋の野生ネギ (2018-10-12 20:13)
 和シナモンのハーブティー (2018-09-14 18:13)
 痛風予防のスペシャル和ハーブティー (2018-07-17 21:01)
 百草茶2018 (2018-07-01 18:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。