野バラの季節2018-2

2018年05月19日

今フィールドでは野生の野バラが花盛りです。特にノイバ
ラは多花性で天気の良い日はバラ香に包まれます。日本
原産のノイバラやテリハノイバラはつるバラの品種改良に
多大な影響を与えたことは有名ですが国内には両種をは
じめ多くの原種バラが存在します。また、この両種は場所
場所で変異種が多く、花径の大きなもの、小さなもの花色
も標準の白からピンク色の入るものから、盆栽素材でで使
われる「宴」と呼ばれる赤に近い濃いピンクの一重のつる
バラまであります。花形も一重のものから半八重まであり
ます。華麗なバラ界にあって地味な日本の原種バラですが
無農薬、無肥料で問題なく育つ原種バラは私にとってとて
もありがたい存在です。



ノイバラの変異種と言われるツクシイバラです。ピンクの覆輪の一重の花が多くつきます。
強健種ですが一度に強く剪定しすぎると調子を崩してしまうことがあります。



同じカテゴリー(バラの話題)の記事画像
マイガーデン2018 夏号
バラの実生発芽
バラの季節2018-1
棘なしノイバラ・モッコウバラ大剪定
ローズヒップティー2017
マイガーデン84号
同じカテゴリー(バラの話題)の記事
 マイガーデン2018 夏号 (2018-07-31 18:39)
 バラの実生発芽 (2018-07-15 13:47)
 バラの季節2018-1 (2018-05-06 18:40)
 棘なしノイバラ・モッコウバラ大剪定 (2018-01-22 21:17)
 ローズヒップティー2017 (2017-11-28 18:44)
 マイガーデン84号 (2017-11-17 19:14)

Posted by メドウおじさん at 21:33│Comments(0)バラの話題
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。