プチトマトとインゲン豆苗の移植

2018年05月13日

4月にポットに植えた種から発芽して移植サイズに育
ったので百草畑に移植しました。同時期に畑に植えた
種も発芽しています。ただ、豆は直接畑に植えた方が
育ちがいいです。トマトは畑に植えたものは発芽したも
ののその後の成長が芳しくありません。ポットに播いた
ものは順調に成長しました。順調にいけば7月中旬に
収穫できるようになるかもしれませんがなにせ成長の
遅い協生野菜ですから何とも言えません。
エンドウマメはもう終わりなのでしばらく収穫するものが
ありません。ジャガイモも育っていますが、もうすこし時間
がかかりそうです。
そら豆は一度収穫したのですがタイミングが早かったので
そろそろ収穫時だと思います。ただ残りが少ないので一度
採ったら終わりそうです。


インゲン豆を移植しました。



プチトマト苗です。あちこちに8苗植えました。



ジャガイモ、ニラ、ササゲマメ、ゲンノショウコ、、奥にタンポポの葉が見えます。
混植、密生の放任栽培が協生栽培の基本です。成長は遅めですがいい感じに育って
います。



昨年12月に収穫した後すぐに一番芋(収穫した芋で一番大きなもの)を同じ場所に植えています。
連作障害がどうかを試しています。結果は収穫後また報告したいと思います。手前にはヤブツルアズキ
の発芽苗が見えます。



同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
トウモロコシ全滅(猿害)
笹竹レタスのその後
枝豆初収穫
竹エネルギーの活用
虫刺され対策チンキの効果
枝豆の結実始まる
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 トウモロコシ全滅(猿害) (2018-07-21 19:44)
 笹竹レタスのその後 (2018-07-05 04:07)
 枝豆初収穫 (2018-06-28 16:45)
 美味しいという事 (2018-06-25 18:54)
 竹エネルギーの活用 (2018-06-22 21:07)
 虫刺され対策チンキの効果 (2018-06-21 20:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。