夏の豆類、発芽は順調

2018年04月25日

インゲン豆や枝豆、ササゲなど夏からの豆類は4月
に種豆をまきましたが今のところ順調に発芽、成長
しています。かなり多くの種豆を播いたのでこれが
の成長に吉と出るか凶と出るか今はその成長を見
守っています。
カラスノエンドウやウシハコベなどの百草畑の管理
スタッフである春野草はそろそろ終わりですが次の
夏雑草のイネ科も成長を始めています。従来農法
では野草は野菜の栄養を横取りし野菜の成長を阻
害するというのが定説です。
確かに冬の葉野菜などはそういう側面も感じました
が豆類のように自力で栄養分を調達する野菜はむ
しろ野草が土壌環境を整えるので互いに協生でき
ます。皮算用ではソラマメ、エンドウ、枝豆、インゲン
、ササゲ、ラストに小豆と順番に収穫できることを楽
しみにしています。



枝豆の発芽苗です。枝豆は3段階に分けて種まきしました。
収穫時期が少しずつずれることを期待しています。



これはたぶんササゲ豆だと思います。



数種類の豆を混植しています。




同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
猪肉キター
協生農畑の問題点
無農薬・無肥料のラッキョウ
南阿蘇ティーハウスの山茶
12月の協生畑
岩屋塩2018-2
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 猪肉キター (2019-01-10 21:19)
 協生農畑の問題点 (2018-12-29 18:05)
 無農薬・無肥料のラッキョウ (2018-12-23 07:54)
 南阿蘇ティーハウスの山茶 (2018-12-18 21:42)
 12月の協生畑 (2018-12-16 10:03)
 二人に一人が癌になる時代? (2018-12-14 19:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。