新顔の春山菜

2018年04月16日

庭で育てていた新顔の春山菜がごくごく少量ですが味見
程度に収穫しました。イタドリとオオバコ、ソバナにオケラ
とツリガネニンジン(トトキ)特にオケラとトトキは美味しい
山菜の代表だそうで以前から食べてみたいと思っていま
した。トトキのツリガネニンジンは数年前に株を移植し、
オケラは山野草の展示会で2年前に入手したものを鉢植
えの特別待遇で育てていますが両種とも爆発的に増える
という事はなく一年に一芽か二芽がやっとです。まだまだ
本格的に食べるには無理ですが味見と思って新葉を数枚
収穫してみました。さてさてどんなお味か?お浸しで食べ
てみます。

イタドリ(私たちの所ではスカンポとかカワタケと呼んでいます。)です。この株は
もともと斑入り種の改良品種で、野生種のように爆発的に増えることがなくコント
ロールもしやすいです。今までは株を殖やすことが中心で収穫しませんでしたが
今年から2芽を残して採取しました。

 

初の新顔春山菜です。上段左がソバナ、上段右は白花オケラ、
下段左がツリガネニンジン(トトキ)で下段右がオオバコです。
今回は味がよくわかるようにお浸しにしました。


上段のクリーム色の山菜がイタドリです。ちょっと茹ですぎて缶詰のアスパラみたいになりました。
イタドリ特有の酸味は弱く、程よい酸味でマヨネーズによく合いました。
下段はトトキ、オケラ、オオバコ、ソバナです。オケラは数が少なすぎて味はよくわかりませんでしたが
トトキはコクがあって美味でした。今年は少し気合を入れて増やそうと思います。
パセリとスナップエンドウは今年の初物の協生野菜です。



同じカテゴリー(山菜)の記事画像
ヤブカンゾウの花(エディブルフラワーとして)
ヤブツルアズキの発芽
ウコギ飯
今年(2018)はタケノコが豊作
野生のタラノメと棘なしたらの芽
木の芽山椒
同じカテゴリー(山菜)の記事
 ヤブカンゾウの花(エディブルフラワーとして) (2018-06-29 20:28)
 ヤブツルアズキの発芽 (2018-05-14 20:32)
 ウコギ飯 (2018-05-04 16:04)
 今年(2018)はタケノコが豊作 (2018-04-23 19:19)
 野生のタラノメと棘なしたらの芽 (2018-04-20 20:17)
 木の芽山椒 (2018-04-17 19:08)

Posted by メドウおじさん at 21:34│Comments(0)山菜
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。