スナップエンドウの霜害

2018年03月02日

今年のスナップエンドウは春先から早採りできるように
11月中旬に種まきをして順調に成長していたのですが
1月中旬からの寒波と霜にやられ第一陣はほとんど枯
れてしまいました。同じころに植えたソラマメもかなり痛
めつけられましたがこちらは何とか乗り切ったようです。
せっかく生き延びたソラマメなので遅い霜害にやられな
いように、気は心ですが薪用の小枝をマルチ代わりに
被せておきました。スナップエンドウは第二陣を12月中
旬に種を撒いたのが10cm程に育っています。
このところは寒さで成長が止まっていますが、間もなく
成長を始めると思います。結局例年と同じころの収穫
になりそうです。





現在の百草畑です。緑の部分はカラスノエンドウなどの春野草です。



気は心の枝マルチですが効果が出るのを期待しています。


同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
蜂蜜の力
農薬不使用米の田圃拡張決定
農薬不使用の新米ができました。
秋冬野菜の準備
トウモロコシ全滅(猿害)
笹竹レタスのその後
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 蜂蜜の力 (2018-10-16 20:31)
 農薬不使用米の田圃拡張決定 (2018-10-05 20:03)
 農薬不使用の新米ができました。 (2018-09-29 21:34)
 秋冬野菜の準備 (2018-09-17 11:43)
 トウモロコシ全滅(猿害) (2018-07-21 19:44)
 笹竹レタスのその後 (2018-07-05 04:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。