キクイモ

2018年01月14日

東谷も冬が本番になりキクイモの収穫時です。キクイモは
イモとありますが北米原産のキク科の仲間で成長すると高
さが2m以上にもなりヒマワリを小型にした花が咲きます。
山菜としての利用は根茎部でイモのように肥大した部分
です。元々は救荒作物として導入したものが野生化して
繁殖していったものです。イモとは少し違うシャキシャキした
食感できんぴら、ポテトチップスなどで食べますが近年は
その成分のイヌリンが血糖値改善効果が着目されています。
育て方は簡単でほとんどの場所でイモを埋めておけば勝手
に育ってくれます。手間いらずなところは協生農法に向いて
いると思っています。


掘り出したばかりのキクイモです。



キクイモは生のままでも煮たり炒めたりできますがチップにして乾燥させれば
長く保存できます。



乾燥させたチップはミルで砕いてお茶にしたりみそ汁に入れても美味しいです。



同じカテゴリー(ハーブ)の記事画像
岩屋塩2018
ハーブパウダー作り
ビワの実生苗
オレンジピール(チンピ)ハーブティー
チキン胸肉のハーブソテーとキクイモの付け合わせ
ローズヒップティーの味
同じカテゴリー(ハーブ)の記事
 岩屋塩2018 (2018-11-23 20:42)
 ハーブパウダー作り (2018-06-14 20:17)
 ビワの実生苗 (2018-03-13 21:44)
 オレンジピール(チンピ)ハーブティー (2018-02-06 18:08)
 チキン胸肉のハーブソテーとキクイモの付け合わせ (2018-01-11 18:39)
 ローズヒップティーの味 (2018-01-03 20:55)

Posted by メドウおじさん at 10:26│Comments(0)ハーブ食べ物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。