クレソンの移植

2018年01月10日

昨年、クレソンと日本のクレソン、(オオバタネツケバナ)
を庭に植えたのですが環境が合わずに消滅しました。
理想は水の流れがあることですが、最低でも湿った土地
がいいのですが残念なことに、我が家の庭には適地が
ありません。そこで裏山の谷川の一部に植えてみました。
普段は枯れ沢ですが適度に湿り気があるので今度は期
待しています。ただ、一年に何回か増水するので果たして
うまく定着するか疑問です。クレソンはステーキの添え物
などで出ますが、しゃぶしゃぶやすき焼きなどの鍋物にも
よく合います。スーパーなどで見ると結構よい値段なので
すが、出荷を目的に栽培するとなると結構栽培も難しいの
かもしれません。



東谷川からクレソンの株を少し頂いて家の近くに移植しました。


近くの谷川に移植しました。普段は写真のように枯れ沢になっています。



同じカテゴリー(山菜)の記事画像
ノビルの醤油漬け2
小豆の原種でお赤飯
ヤブツルアズキ再発見
ヤブツルアズキ
ノビルとアサツキ
シャクチリソバ(赤地利蕎麦)
同じカテゴリー(山菜)の記事
 ノビルの醤油漬け2 (2017-11-04 19:27)
 小豆の原種でお赤飯 (2017-11-03 19:39)
 植物の力 (2017-10-20 21:12)
 ヤブツルアズキ再発見 (2017-10-18 18:54)
 ヤブツルアズキ (2017-09-25 18:47)
 ノビルとアサツキ (2017-09-23 09:59)

Posted by メドウおじさん at 21:09│Comments(0)山菜
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。