島村志津摩の小説(峠を出でて奇兵隊を撃て)

2018年01月08日

幕末の小倉戦争において山縣狂介の奇兵隊と三谷地区
で激戦を繰り広げ企救郡は失ったものの田川、京都郡を
中心とする豊津藩として存続させた郷土の英雄なのです
が、いかんせん、徳川譜代として長洲戦争の敗軍であり
勝者の長洲には維新回転の英傑がキラ星のごとくおり長
洲の陰に隠れ歴史の表舞台に出ることはほとんどなかっ
たのですが、それでも九州文学の重鎮、劉勘吉氏や白石
壽氏原田種臣氏が小説や歴史書として描いています。
最近大手出版社、幻冬舎から小野剛史という方が「峠を
出でて奇兵隊を撃て」として出版されました。小野氏は地
元の出身の方で「かんだ郷土史郷土史研究会員」として
活躍されておられる方です。島村志津摩と同時期の小倉
藩家老でライバルの小宮民部と善と悪の対立関係として
描かれることが多かったですが本編は二人の関係を深く
複雑に描いています。230pを面白くて一気に読破しまし
た。いつかTVでドラマ化されると嬉しいです。







同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
道原ガーデン
篠笛2
篠笛1
梅雨末期の大雨状況
梅雨の合間の晴れ間
ホタルの復活
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 道原ガーデン (2018-08-21 21:52)
 篠笛2 (2018-08-03 21:35)
 篠笛1 (2018-07-25 20:56)
 梅雨末期の大雨状況 (2018-07-08 11:26)
 「日本航空界の開拓者 河内一彦さんの生涯」、記念講演のお知らせ (2018-06-18 20:21)
 梅雨の合間の晴れ間 (2018-06-12 19:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。