新企救風土記

2017年12月23日

新企救風土記は在野の郷土史家、松本洋一さんが出版
された郷土誌で三谷に隣接する旧企救町の歴史、風土を
研究されたものです。以前図書館で見かけてできたら自分
の手元に置きたいと思ったものの入手の方法がわからず
に半ばあきらめていたのですが先日、小倉北区の書店、
クエストで増補改訂版が市販されていました。私の住む
三谷の歴史を知るうえで桜橋より以北の旧企救町の昔
の様子を多方面から知ることが出来る本風土記は貴重
な資料です。


新企救風土記は特に昭和30年代以降、旧企救町が大きく変遷していく様子がわかります。



同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
島村志津摩の小説(峠を出でて奇兵隊を撃て)
クエスト1
東谷の石碑1
知念さん(つづみ草)の蕎麦打ち道場
マテバシイの実1
稲の天日干し
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 島村志津摩の小説(峠を出でて奇兵隊を撃て) (2018-01-08 10:20)
 クエスト1 (2017-12-21 21:05)
 東谷の石碑1 (2017-11-19 14:01)
 知念さん(つづみ草)の蕎麦打ち道場 (2017-10-27 17:04)
 マテバシイの実1 (2017-10-04 19:08)
 稲の天日干し (2017-10-02 19:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。