漆で金継ぎ1

2017年12月07日

陶芸が好きなことから以前から欠けたり、割れたりした陶器
や磁器を修理する漆の金継ぎに興味があったので、今まで
割ったり欠けたりした器をとっておきました。今回、突然やる
気が出てアマゾンでチューブ入りの本漆を購入して漆継ぎを
やってみることにしました金継ぎは漆に金粉を蒔くのですが
私にはまだハードルが高いので今回は漆で継ぐところまで
やってみたいと思っています。




同じカテゴリー(クラフト)の記事画像
篠笛3
篠笛2
金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生
若松リノベーション(MATERIAL)
透き漆で塗りなおし
金継ぎ3、欠け継ぎ
同じカテゴリー(クラフト)の記事
 篠笛3 (2018-08-05 17:06)
 篠笛2 (2018-08-03 21:35)
 金継ぎ(よびつぎ)、欠損部の再生 (2018-03-09 12:29)
 若松リノベーション(MATERIAL) (2018-02-28 21:15)
 透き漆で塗りなおし (2018-02-09 22:22)
 金継ぎ3、欠け継ぎ (2018-01-18 20:48)

Posted by メドウおじさん at 19:31│Comments(2)クラフト
この記事へのコメント
なんとも、趣のある・・・。
Posted by e-tele. at 2017年12月09日 22:28
e-teleさんこんにちは。金継ぎの技法は愛着のある「器が割れたとしても
新たな命をまとって復活する素晴らしい日本の技法なのでぜひ体験したいと思います。最大の難関はかぶれないようにすることですね。結果が楽しみです。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2017年12月10日 12:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。