七輪陶芸・箸置き2

2017年11月07日

11月5日の日曜に七輪陶芸で箸置き作りの2回目を行い
ました。前回は炭の量が多く炭化したり七輪の温度を上げ
過ぎて箸置きの胎土が溶けて形が崩れたりしたので今回
は炭を少なめにして温度を上げ過ぎないように火の色を見
て900度前後になるよう送風量を調整しました。今回は
ほぼ狙い通りに焼けました。若松や南ヶ丘で採取した粘土
は本来の陶土ではないので土の耐火度が予想通り低めで
したが少し工夫すれば無釉の焼き締めは焼けることがわか
りました。次はぐい飲みなどの成型が出来るかどうか、また
釉薬が使えるかのテストです。


前回と今回焼いた箸置きです。今回の分は右の三個と真ん中の一番上のものです。
赤土の緋色がうまく出ました。




同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事画像
合馬の葉々窯、窯開き
一閑堂さん春の新作展
一閑堂さん春の作品展
鼠志野
沖縄黄土で成型
 赤楽茶碗・漆蒔き
同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事
 合馬の葉々窯、窯開き (2018-05-04 18:35)
 一閑堂さん春の新作展 (2018-03-25 10:00)
 一閑堂さん春の作品展 (2018-03-05 18:27)
 鼠志野 (2018-02-20 21:31)
 沖縄黄土で成型 (2018-02-16 22:33)
  赤楽茶碗・漆蒔き (2018-01-16 21:10)

Posted by メドウおじさん at 08:00│Comments(0)陶芸のこと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。