古代史ロマン譚

2017年10月11日

その時、武内宿祢は強く心に誓った。『仲哀天皇の
戦死という高い代償を払ってまで成し遂げた筑紫は
山門(ヤマト)の国で倭の女王を僭称する女酋長を
滅ぼし、返す刀で周防の豊浦宮を襲撃した新羅一族
の韓国(カラクニ)を従わせ、見事に凱旋し、宇美
の里でお生まれになった皇子を必ずお守りし、ヤマ
トへ凱旋すると。』
そのためにお生まれになったばかりの皇子をお守り
するには手薄な香椎廟を離れ三方を山に囲まれた久山
の聖母屋敷(ショウモヤシキ)にお移しになられまし
た。この地はいざという時には川を下り、当時湿地帯
だった地をめぐり筑後川から有明海に抜けるルートと
背後の山を越え、飯塚から田河、京都郡から周防灘へ
抜けるルートが確保できる地でした。唯一、多々羅
方面が開いていましたが現在、ごみ焼却場のある久
山の入り口にあたる片山の脇に武内宿祢自身が
陣を張り陣頭指揮をとり皇后とお生まれになった
ばかりの皇子をお守りしました。
以上が久山に伝わる神功皇后とその皇子、後の応神
天皇の伝承です。
(以上の説は、綾杉ルナ女史の神功皇后伝承を歩く
を元に私が久山の伝承地をめぐり調べ想像したもの
です)



久山の盆地の中心部にある斎宮です。ここに神功皇后はお生まれになったばかりの
皇子とともに住まわれていた聖母屋敷跡に当たります。





斎宮(聖母屋敷跡)には皇后の伝承と当時の様子を記した古地図
が掲示されています。



武内宿祢が皇后と皇子をお守りするために陣をしいた片山です。
久山トリアスのすぐ近くにある見事な神奈備型の山で麓には
宿祢を祀った黒男神社があります。



黒男神社の鳥居です。




同じカテゴリー(古代史)の記事画像
縄文への憧憬
古代史幻影
重留遺跡、広形銅鉾
古代史と和薬(和ハーブ)
古代の産業史
徳力の地名の由来
同じカテゴリー(古代史)の記事
 縄文への憧憬 (2017-10-08 09:00)
 古代史幻影 (2017-07-08 18:19)
 重留遺跡、広形銅鉾 (2016-11-10 19:53)
 古代史と和薬(和ハーブ) (2016-10-16 12:03)
 古代の産業史 (2016-09-04 19:00)
 徳力の地名の由来 (2016-08-11 11:51)

Posted by メドウおじさん at 18:35│Comments(0)古代史
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。