平尾台のドリーネ

2017年08月09日

平尾台上には大穴、小穴をはじめ多くの窪地(ドリーネ)が
存在します。ドリーネの底にたまった雨水は地下の鍾乳洞
へとしみこみます。
子供のころ平尾台の草原には地下深くへ続く底なしの穴が
ありそこへ落ち込むと二度と這い上がってこれないと脅され
た記憶がありますがそんな落とし穴のようなドリーネや鍾乳
洞の入口はそうそうあるわけではありませんがなぜかミステ
リアスな感じがしたものです。ただ、夏の草原は草丈も高く
道筋も分からなくなるほどなので小さなお子さんだと迷い込
む恐れがあるので十分な注意が必要です。
台上の体験施設、平尾台、自然の郷の敷地内にも小規模な
ドリーネとそれに続く鍾乳洞があります。園内にはドリーネを
ま上から観察できるブリッジの園路が整備されていて安全に
観察できます。今は夏草に覆われて底まで見えませんが説
明板も設置されていてドリーネの構造を知るにはいい場所で
す。平尾台は今春、登山雑誌、ノボロに掲載されてから一段
と登山客が増えた気がします。台上には牡鹿洞、目白洞、千
仏洞といった観光鍾乳洞がありますので、一段と暑いこの夏
は平尾台で避暑、納涼もいいと思います。


ブリッジ式の園路が設置されていて安全に間近かで観察できます。



現在、夏草で底まで見通せません。



ドリーネと鍾乳洞の説明板です。


同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
マテバシイの実1
稲の天日干し
猪軍団来襲
海水塩の効果
平尾台陸軍演習地境界杭
真夏の平尾台
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 マテバシイの実1 (2017-10-04 19:08)
 稲の天日干し (2017-10-02 19:52)
 猪軍団来襲 (2017-09-30 18:31)
 海水塩の効果 (2017-09-06 17:53)
 平尾台陸軍演習地境界杭 (2017-08-24 19:59)
 真夏の平尾台 (2017-08-01 20:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。