春バラ2017(HT・FL―2)

2017年06月18日

今年4月に地植えしていた木立性のバラが調子を崩したもの
が多かったので(新苗を植えていたので無理をさせたようで
す)鉢植えに切り替えました。時期が少し遅れたので、4月の
開花が遅れて5月の末に咲き始めました。救出が遅れて枯
たものも出ましたが多くは徐々に調子を取り戻しつつあり
、少しほっとしてます。少し面倒なのは今年のように空梅雨
気味だと水やりを頻繁にしないといけないことです。ただ水
やりをしていると異常にも早く気がつくので、バラの調子を
維持するにはかえって好都合かもしれません。



黄色いつる性の房咲(FL)のエバーゴールドです。やや黒点に弱いですが
樹勢は強いので枯れることはありません。スーパーの園芸コーナーに
売れ残っていたのを連れて帰り立て直しました。愛着のあるバラの一つです。



白い大輪木立性のジョン・F・ケネディです。大統領の名にふさわしい
強いバラです。



ピンクアイスバーグです。柔らかい印象のバラです。




ティー系の血を濃く受け継ぐオールドローズ、レディ・ヒリントンです。



フランスはメイアン社の名花の一つでママ(マヌウ)・メイアンです。



アイスバーグの枝変わり品種のバーガンディ・アイスバーグです。赤ワインの
花色が気に入っています。育てやすい品種です。




桃の実を思わせるピエール・ドゥ・ロンサールです。


同じカテゴリー(バラの話題)の記事画像
マイガーデン2018 夏号
バラの実生発芽
野バラの季節2018-2
バラの季節2018-1
棘なしノイバラ・モッコウバラ大剪定
ローズヒップティー2017
同じカテゴリー(バラの話題)の記事
 マイガーデン2018 夏号 (2018-07-31 18:39)
 バラの実生発芽 (2018-07-15 13:47)
 野バラの季節2018-2 (2018-05-19 21:33)
 バラの季節2018-1 (2018-05-06 18:40)
 棘なしノイバラ・モッコウバラ大剪定 (2018-01-22 21:17)
 ローズヒップティー2017 (2017-11-28 18:44)

Posted by メドウおじさん at 18:49│Comments(2)バラの話題
この記事へのコメント
>園芸コーナーに売れ残っていたのを連れて帰り立て直しました
レスキューしたものは愛着心が湧いちゃいますね~
CMもレスキューは結構好きな方で・・(笑)

ジョン・F・ケネディ←そのまま名づけるお国柄のように思えるのですが、
日本で総理の名前をそのまま付けたとしたら人気はどうなるんだろう?
と考えてしまいました。(^_^.)

昔はいなかったジャンボタシニがいつの間にか大繁殖してしまって、
嫌~な気にさせられますね!
エスカルゴの代わりに売ろうと考えて日本に持ち込んだ
トンデモナイ奴らを皆で怨みたいですね!
Posted by チョコミント at 2017年06月19日 06:40
園芸店の見切り品はお値打ちなのですがホームセンターなどでは一年草の花が終わったものを見切り品として販売していることがあるので要注意ですね。バラや、クリスマスローズなどは思いがけない掘り出し物があったりして楽しいです。

日本の総理の名前が付いたバラがあったとしても、う~ん、人気は出ない気がしますね。(笑い)

ジャンボタニシってエスカルゴの代用で導入されたものだったのですか?知りませんでしたが、ホントいい迷惑ですね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2017年06月19日 20:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。