東谷の煙突族

2015年11月23日

自分が薪ストーブを使っているせいかよそ様の家で使っ
ているストーブが気になります。どんなストーブをどう
使っているのだろうかとか。東谷でもここ数年のうちに
煙突が目につくようになりました。薪ストーブを使う上
で一番の問題は薪の調達なのですが東谷はその点でも恵
まれています。軽トラが一台あれば数年分の薪が楽に調
達できます。一つには薪ストーブの専門店があるせいか
とも思っていましたが聞いてみると必ずしも東谷にユー
ザーが多いという事でもないようで、いろいろな工事店
が設置されているようです。私が知る限り東谷でも10
数件の色々なタイプの煙突を見かけます。もっともフル
回転して使われている所はまだそれほどでもないようで
す。東谷は福岡県の中では冷える方ですがそれでも北国
と比べれば暖かくメイン暖房で使うのでなくサブ暖房で
使うケースが多いのかもしれません。


東谷でも早くから薪ストーブを使っておられるお宅です。山小屋風のお宅に良く似合います。





ベテランユーザーさんらしく数年分のよく乾燥した薪がストックされています。



東谷の薪ストーブ専門店グランビル九州さんのショールーム遠景です。
7本の煙突があります。つまり7台の稼働可能なストーブが展示されています。
私も一度拝見しましたが見事です。



こちらのユーザーさんもかなりのヘビーユーザーさんのようです。



こちらのユーザーさんは東谷ではありませんが2台使用されているユーザーさんです



こちらは東谷のあるレストランカフェです。立派な薪ストーブが設置されていましたが
残念なことにほとんど使用されることなく休業されてしまいました。




同じカテゴリー(薪ストーブ)の記事画像
今年の薪準備2017
アラジンストーブ緊急出動
薪ストーブで土器風ミニオブジェ
薪の乾燥具合
5シーズン目の薪ストーブ補修
コーヒー生豆の焙煎
同じカテゴリー(薪ストーブ)の記事
 今年の薪準備2017 (2017-09-15 19:13)
 アラジンストーブ緊急出動 (2017-03-01 19:11)
 薪ストーブで土器風ミニオブジェ (2017-02-21 21:08)
 薪の乾燥具合 (2017-02-10 13:08)
 5シーズン目の薪ストーブ補修 (2017-02-02 20:15)
 コーヒー生豆の焙煎 (2016-11-07 20:04)

Posted by メドウおじさん at 18:57│Comments(4)薪ストーブ
この記事へのコメント
メドウオジサン初めまして
私の家は現在薪ストーブの購入計画中なのですが妻が中々首を立てに振ってくれません。そこでお願いですが妻を納得させるようなアドバイスがあればお聞きしたいです
Posted by キカイダー at 2015年11月23日 22:04
キカイダーさん、はじめまして。薪ストーブを検討されているとのことですが奥さまが反対だとなかなかの難問ですね。いいアドバイスができるかわかりませんが、もう少しだけお話を聞かせてください。このブログの右側に私にメールを送れる機能があるので「メッセージを送る」のボタンをクリックして下記の内容を書いて送っていただければメールでお返事差し上げます。
①「奥さまが反対されている主な理由」簡単でいいです。価格が高くて心配とか、

②薪ストーブの設置工事を下記の3つのうちどれか教えてください。
家の新築工事に合わせて設置する、家の一部をリフォームするのに合わせて設置する、今ある部屋に薪ストーブだけ設置する。以上の3つの理由で一番近いものを教えてください。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2015年11月24日 20:55
薪ストーブ、煙のほうはどうなんでしょう?
田舎だと気にならないそうですが、街中の住宅街だと
煙突の長さとか向きとか大変だと聞いたことがあります。
うちもストーブ欲しいのですが、賃貸だから・・・(^^;
家の中が乾燥するので、とてもよいと、知り合いのユーザーさんが
言われてました(^^
薪の確保が楽なら、絶対欲しいアイテムですね♪
Posted by ゆこむし at 2015年11月28日 22:51
ゆこむしさん、コメント返信、超亀レスですみません。煙ですがよく乾燥した(3年寝かせたもの)広葉樹の薪と5m以上の煙突があれば外への煙臭は最小で抑えられますが、街中だとそれでも気になる方がいらっしゃるでしょうね。夕方以降で燃やすとか、近隣への配慮は必要でしょうね。ペレットストーブならFF式の強制換気の壁工事で済みますのでエアコンをつけるくらいの壁工事で済むかもしれません。炎を楽しむならアラジンの石油ストーブか日本船舶のランタン型ストーブも手軽でいいかもしれません。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2015年12月19日 13:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。