ジキタリス

2014年05月16日

不思議なものでジキタリスを植えておくとその花が咲く
とガーデンがとたんにイングリッシュガーデン風になり
ます。バラのふんわりとした雰囲気にジキタリスの縦の
シャープなラインが加わると庭のバランスが取りやすく
なる貴重な植物です。ジキタリスやデルフィニュウムは
本来宿根の多年草ですが我が家では春に苗を植えると花
が咲いた後夏が越せません。九州の環境では夏越しは難
しいです。ルピナスも好きなのですがやはりむずかしい
です。残念ですが今のところ一年草もしくは二年草と割
り切って植えています。宿根化させるにはもう少し工夫
が要りそうです。









同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
アジサイ2018
金銀花酒の季節
山野草2018-2
春の山野草
山桜
町内の桜、ソメイヨシノ
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 アジサイ2018 (2018-06-24 20:24)
 金銀花酒の季節 (2018-05-21 20:53)
 山野草2018-2 (2018-05-12 21:54)
 春の山野草 (2018-04-15 21:17)
 山桜 (2018-04-05 20:30)
 町内の桜、ソメイヨシノ (2018-04-03 19:40)

Posted by メドウおじさん at 21:45│Comments(2)季節の花庭作り
この記事へのコメント
>ジキタリスを植えておくとその花が咲くとガーデンが
>とたんにイングリッシュガーデン風になります。
なるほど、写真なんかでイングリッシュガーデン見ると、
しっかりジキタリスの存在感がありますよね~

>九州の環境では夏越しは難しいです。
>ルピナスも好きなのですがやはりむずかしいです。
やはり九州の夏は厳しいからでしょうか?
ラベンダーも(経験上)イングリッシュ系は
九州には向かないように思えますが、
いかがでしょうか?
Posted by チョコミント at 2014年05月19日 07:03
そうなんです。イングリッシュ系のラベンダーは今まで何度も挑戦しましたが地植えではうまくいきません。暑さに強いと言われる長崎ラベンダーもダメでした。今の所フレンチ系とラバンディン系が頑張っています。
鉢植えにして風通しと温度をコントロールしたときはなんとかうまくいきました。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年05月19日 12:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。