東谷のメドウ

2014年05月14日

我が家のメドウガーデン風の場所は西側の土手際で在来の
野草が生えている和のメドウです。メドウガーデン風にす
るにはある程度広さが必要で我が家は広さが足りません。
家の周囲は山すその林縁近くで、ちょっとした梅林があり
オーナーの方が定期的に下草刈をしてくれるので春先は
自然のメドウを見ることができ私のお気に入りの場所です。
自然のメドウを雑草の生えた草地と見るか、身近な野草の
自然の群生美と見るかは人それぞれだと思いますが私は
そんなメドウが好きでブログタイトルにも使っていますが
自分のものにするにはまだまだだいぶ時間がかかりそうで
す。







同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
篠笛2
篠笛1
梅雨末期の大雨状況
梅雨の合間の晴れ間
ホタルの復活
昔の町内古地図発見
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 篠笛2 (2018-08-03 21:35)
 篠笛1 (2018-07-25 20:56)
 梅雨末期の大雨状況 (2018-07-08 11:26)
 「日本航空界の開拓者 河内一彦さんの生涯」、記念講演のお知らせ (2018-06-18 20:21)
 梅雨の合間の晴れ間 (2018-06-12 19:14)
 ホタルの復活 (2018-06-09 20:38)

この記事へのコメント
お家が自然に囲まれた立地にあるようで、
何とも羨ましいです。
(利用できなくても)借景できて
気持ちが和みそうに思えてなりません・・・
Posted by チョコミント at 2014年05月16日 06:55
家が山裾にあるので自然の借景には事欠かないのがありがたいです。もっとも最近の林縁は荒れた所が多く写真のように手の入った場所は少ないです。里山が荒れると猪や猿のかっこうの住みかになり獣害の問題が深刻で困っています。昨日も猿が出て麦が少しやられました。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年05月16日 19:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。