ノイバラの大株、伐採

2016年11月18日

私の勤務地の近くに見事な野生のノイバラの大株があり
春になると豊かな香りと大株全体が真っ白な雪に包まれ
たようになり毎年その開花が楽しみでした。ところが先日
突然伐採されてしまいました。大きいものは株下の直径
が15cmくらいあり相当年月が経っていたと思われます。
私有の工業用地なので所有者がジャマと判断されたの
でしょうが残念です。
ノイバラは成長が早くその棘も強いので厄介者扱いされる
ことも多く園芸の世界の専門のバラ園でも導入している所
は少なく人の手の入らない山中の藪や荒れ地、河原など
で見かける程度ですが大きく育った株の花の香りは見事
です。ヨーロッパ系の。ダマスク系の香りとは少し違います
が丈夫で病気の心配のない育てやすいバラです。ノイバラ
は丈夫なので伐採されても数年で元のように花が咲くと思
いますが、除草剤などの薬剤を使われると、THE END
なので気になっています。


今週初めから伐採が始まりあっという間にきれいさっぱり刈り取られました。

 


昨年の開花の様子です。この光景がもう見られないかもしれないのは残念至極です。

  

Posted by メドウおじさん at 18:45Comments(0)バラの話題

棘なしノイバラ

2016年08月18日

この挿し木したノイバラは棘ありの普通種に混じって成長し
ていた株でまったくの棘なしというわけではありませんが明
らかに他のものより棘が少ない株でした。冬の間に棘のな
い部分の枝を挿していたら春から順調に成長しています。
今年伸びたツルの部分をよく見ると棘が全くないもの、棘が
あっても数は少なく明らかに普通のノイバラと違います。国
産のバラ苗はほとんどがこの棘なしのノイバラを台木にした
ものが多いそうです。
古くからあるフロリバンダの株下から伸びたシュートを育てた
ら棘なしのノイバラでした。今回挿し木した枝は大部分が根付
いたので優良個体を少し残して残りは来年接ぎ木の台木とし
て使おうと思います。


こちらは棘のある普通種のノイバラです。



こちらは棘のないノイバラの挿し木です。
  

Posted by メドウおじさん at 19:05Comments(0)バラの話題

再生したバラ

2016年07月11日

調子が落ちた地植えのバラを鉢上げして養生していたバラ
でグラハムトーマスとバレリーナが順調に回復してきました。
どちらも四季咲性なので春の一番花は無理でしたが今頃
になって花が咲きました。特にグラハムトーマスは花も小
ぶりなので早めに摘み取って体力を温存させて何とか秋
バラまで葉を持たせたいと思います。バレリーナは日陰で
調子を落としていたのですが植え替えてからはシュートも
伸びて順調に回復し始めたのでほっとしています。






少しアプリコット色が入った上品なクリーム色の花と優しいティー系の
香りがお気に入りのグラハムトーマスです。




日本の野バラの風情があるバレリーナです。新しいシュートが伸びてきて一安心です。

  

Posted by メドウおじさん at 19:40Comments(2)バラの話題

挿し木のバラたち

2016年06月26日

2年ほど前から東谷のミステリーローズ(正体不明のバラ)
ともいうべき、農家さんの庭の片隅に残るバラを一枝頂い
て挿し木で育てています。今年からボチボチ花を咲かせ始
めておりその正体をあれこれ想像しながら楽しんでいます。
その多くはチャイナ系と照葉のノイバラ系統のつるバラが
多いようですが、中には野生のノイバラの群落の中にあった
照葉でピンクの覆輪を持つものやティー系の花を思わせるも
のもあり興味が尽きません。どれも丈夫な種類ばかりで今ま
で放置されていても生き続けた丈夫なものばかりで少々のこ
とでは枯れ死するようなことはありませんが生息地が整地さ
れたりすると消滅するかもしれません。今のうちにできるだ
け保護したいと思っています。

廃屋の敷地にひっそりと残っていたバラです。



ティー系を思わせる照葉のつるバラです。



オールドブラッシュに似た雰囲気のチャイナ系のバラです。



ピンクの小輪つるバラです。



ポリアンサ系の濃いピンクのつるバラです。



ピンクの覆輪のノイバラです。ノイバラは変異があり面白いですね。

  

Posted by メドウおじさん at 20:46Comments(0)バラの話題

鉢上げしたバラたち

2016年06月23日

今年の春バラは冬の手入れをさぼったせいか春バラは
さっぱりで6月になってやっとほんの少し咲いてくれただ
けです。それでも頑張って咲いてくれたのはよかったです。
バラは手を変えた分だけ必ず結果に表れますが逆に手を
抜くと途端に成長が鈍り各種の病気のオンパレードになり
ます。それでもバラは種類が多いので手間暇をかけれな
い方は樹勢が強く丈夫な種類を選べば管理の手間が楽
になります。
もう一つの方法は地植えでなく鉢栽培に切り替えることで
す。鉢栽培なら風通しや日当たりをコントロールしやすく土
もバラに最適なものにできます。目の届くところで管理すれ
ば病気になっても対処が素早くできます。ただし管理を楽
にするコツの最大のポイントは鉢数を抑えることです。と
言いながら私もつい数が増えて結局自分の首を絞めてい
ます。今年は新規の苗の購入は抑えて今ある株を植え替
えて養生中です。何とか立ち直らせたいです。


モダンローズ第一号のラ・フランスです。地植えで調子を崩したので鉢上げして建て直し中です。


ポリアンサ系のつるバラです。日陰に植えたので極端に成長が鈍っていたので
鉢植えにして建て直し中です。



バーガンディーアイスバーグです。春になって新芽が展開しないので
植え替えたらコガネムシの幼虫が出てきたので植え替えたらなんとか
立ち直りつつあります。



我が家に昔からあるFLのバラです。元株が古いので世代交代用に挿し木して育てています。



アラビアのお姫様、ナエマです。これは最初から鉢で育てています。


  

Posted by メドウおじさん at 19:27Comments(0)バラの話題

八重山ノイバラ(カカヤンバラ)

2016年06月20日

今年の北九州蘭草会の展示会では毎回野バラの小品盆
栽用の素材が出品されています。原種バラが好きな私に
はありがたい内容です。
バラ盆栽に熱心に取り組んでおられる会員さんがいらっし
ゃるようです。今回は八重山ノイバラ(カカヤンバラ)を見つ
けました。昨年は極小のノイバラ、ヤクシマイバラでした。
今回のタグには野イバラとだけありましたが咲いた花を見
ると花径は5,6cmでナニワイバラより一回り小さくて、テリ
ハノイバラより一回り大きいサイズです。樹形はランブラー
というよりブッシュ樹形に近い感じでした。地植えするとかな
り暴れそうなので当面はポットでいこうと思います。花付が
良さそうなので2,3年先が楽しみです。


八重山ノイバラ(カカヤンバラ)です。別名のカカヤンはフィリピンあたりの南洋まで分布しているようです




  

Posted by メドウおじさん at 19:04Comments(0)バラの話題

アルベリック・バルビエ???

2016年06月11日

我が家の白バラでアルベリックバルビエによく似た白バ
ラがあります。知り合いから枝を頂いて挿したら順調に
育ちました。日陰の悪条件にもかかわらずつるを4,5
m伸ばし2年前からぼちぼち花が咲いています。今まで
正体がわからなかったのですがネットで見たアルベリック
バルビエによく似ています。ネットの情報では照葉の一季
咲で棘が少ないとあります。うちのものは棘は普通程度に
はあるので、何とも言えませんが病害虫に強くて樹勢も強
いところはよく似ています。普通の園芸店では扱っている
のを見たことがないのですがバラ園などでぜひ一度実物を
見て比較同定してみたいです。




アルベリックバルビエと思われるつるバラです。


  

Posted by メドウおじさん at 20:17Comments(0)バラの話題

黄色いバラ

2016年06月07日

我が家の黄色いバラは今年初めて花が咲いた黄モッコウ
バラの一重とエバーゴールド、古くからある名称不明の
HT系の剣弁高芯咲の黄バラとヘンリーフォンダでした
がヘンリーフォンダは昨年雑草に埋もれて調子を崩し、
掘り出して鉢植えに戻したのですが復活せずに枯れまし
た。残念です。HT系のバラとエバーゴールドは復活しま
した。
特にエバーゴールドはホームセンターで売れ残って弱
った株を立て直したもので愛着のあるバラだったので一
安心です。園芸種の黄バラはその多くが西アジア原産の
フェチダスという野生バラの花色の遺伝子を受け継いで
いるそうです。
鮮やかでヤマブキ色のバラはその系統です。黄バラは
目を引く花色なのでポイント的に使うと効果的です。



エバーゴールドですが今年も元気に花を咲かせたので一安心です。




今は亡きヘンリーフォンダです。お気に入りだっただけに残念です。


  

Posted by メドウおじさん at 19:12Comments(0)バラの話題

素晴らしいバラ庭

2016年05月26日

中谷から西谷の合馬に抜ける県道沿いに以前から立派な
バラ庭があるのが気になっていましたが先日竹林公園で
山野草展があったので帰りにみて見るとちょうどご主人が
庭に出ておられたのでお声をかけてお庭を拝見させてい
ただきました。
お庭はご主人が15年以上丹精されたそうで私みたいな
初心者にもよく手入れされたものであることがわかります。
品種はかれこれ7,80種類あるそうです。アンジェラ、つる
ブルームーン、サハラ98、ピエールなどのつるバラや香り
のよいHT系やFL系で昼近くの時間でもバラの香りが一面
に漂っていました。バラ栽培についてもいくつも参考になる
お話が聞けて嬉しかったです。春一番のバラシーズンは盛
りを越したとのことですがまだまだきれいでした。次の秋バ
ラのシーズンにもぜひ拝見させていただきたいです。




見事なアンジェラのアーチです。



ブルームーンやサハラ98で構成されるトレリスのバラ壁です。
外からもこのバラ壁が見えます。



HTやFLの群生美です。病気一つない見事な栽培です。


  

Posted by メドウおじさん at 20:09Comments(4)バラの話題

白バラ2016

2016年05月25日

今シーズンの園芸バラは冬の間の世話が行き届かず、花
付が極端に悪いです。今までは黒点や灰色カビ病にやら
れても春バラのシーズンはそれなりに開花してくれていま
した。
今年は見る影もありません。園芸種の人気バラは本当に手
がかかります。それでも丈夫な品種はボチボチ咲いてくれ
ます。白とピンク色のバラが好きなので数種類育てていま
す。白とピンクと黄色は元々の野生種が持っている花色で
すが特に白は周囲の緑とよく調和するので使い易い色目
です。


白モッコウバラの一重です。



白モッコウバラの八重です。



つるサマースノーです。


正体不明のランブラー性のの白つるバラです。小さめの照葉で大変丈夫です。


  

Posted by メドウおじさん at 20:13Comments(0)バラの話題

ツクシイバラが開花

2016年05月18日

ノイバラがほぼ終わりかけると待ちかねたようにツク
シイバラの開花が始まりました。ツクシイバラは九州
では熊本、宮崎に自生しています。ノイバラの変種と
か亜種と言われますがノイバラとはずいぶん違います。
まず葉がツクシノイバラは柔らかい照葉です。花はピ
ンクの覆輪で花色はピンクの濃いものから白に近いも
のまで色々なタイプがあります。また花や新芽の近くは
赤身の強い繊毛がびっしり生えていますが、繊毛は多い
タイプと少ないタイプがあるみたいです。少ないタイプ
は花色が薄いです。花は花径で3cm前後でノイバラよ
り一回り大きいです。樹勢はノイバラ同様丈夫で病気知
らずで挿し木もごく容易です。挿し木後3年もすると次
々に新しいシュートが伸びて樹形が乱れますがここであ
まり強剪定するとその後の成長が鈍ります。サイドシュ
ートを含め新しく伸びたシュートの翌年に花が咲きます
ので剪定は新しいシュートは残す方がいいみたいです。
秋には大きめの丸いローズヒップが楽しめます。




ピンクの覆輪が濃いタイプのツクシイバラです。

 

繊毛が多くて赤いのが特徴です。





こちらは色の薄い覆輪です。繊毛も緑で少なめです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:59Comments(2)バラの話題

東谷のミステリーローズ

2016年05月13日

今回ご紹介するバラは、やはり農家さんの敷地の植え込み
の中に生えていてランブラー性のつるを伸ばすタイプです。
この種の正体不明のバラに共通する大変樹勢が強いタイ
プです。毎年光を求めてつるを伸ばし道路にはみ出してく
るので家の方が梅雨前にバッサリと強剪定するのでなか
なか花を見ることが出来なかったのですが、今年は伸び
たツルを切らずに木に絡ませてあるので花を見ることが出
来ました。
花の形は中輪半八重の剣弁咲です。香りは弱いですが花
色が変わっていて咲き始めはカクテルバラのような濃い朱
色がかった赤で花びらの裏がクリーム色のリバーシブルに
なっています。また咲き進むにつれて花色がだんだん青み
がかった赤紫に変化していきます。オールドローズとは全
く雰囲気が違うのでモダン系だと思いますが、品種名がわ
かる方がいらしたら教えていただけると嬉しいです。








謎のバラの先進む様子です。農家さんの庭には古い品種のバラが
色々あって面白いです。


  

Posted by メドウおじさん at 19:38Comments(4)バラの話題

ノイバラの変異株

2016年05月11日

ノイバラ(ロサ・マ(ム)ルチフローラ)は日本全国の
いたるところで見かけるポピュラーな野生バラでシュラブ
性の大型つるバラで成長すると4m,5mの枝を伸ばしま
す。通常は花径2cmほどの純白の小花を数多くつけて成
長した大株では株全体が真っ白になるほど花に覆われて
甘い香りを周辺に漂わせますます。ところがノイバラは変
異が多く棘なしタイプは園芸バラの接ぎ木台木として使わ
れますしまた花色も白の他に薄いピンクが入るものなど
いろいろです。葉も標準は艶なしですが中にはテリハノ
イバラとは明らかに違う照葉のものもあります。(テリハ
ノイバラはつるが地を這うように伸びるランブラータイプ
です。照葉のノイバラはシュラブ樹形です)このようにノイ
バラは変異の多様性があるので珍しいものは盆栽仕立
てにして楽しむ方も多いようです。私自身も成長した株の
見事な咲きっぷりが気に入って庭植えしていますが今後
モンスター化するのが少し心配ですが楽しみの方が勝っ
て植えています。


標準の白花のノイバラです。





薄いピンクのノイバラです。



園芸種の台木を育てたら薄いピンクの棘なしのノイバラでした。




薄いピンクの照葉のノイバラです。蕾は繊毛が多くツクシノイバラに似た感じです。


  

Posted by メドウおじさん at 20:28Comments(0)バラの話題

若松のノイバラ

2016年05月05日

若松の工場用地の空き地に咲くノイバラの大株が見事な
満開を迎えています。根元の幹を見ると樹齢で何十年も
たっているように感じます。工場用地の端の道沿いに咲
いているのでたぶん野生個体を意識的に残してきたのだ
と思います。近くを歩くと眩いばかりの白さと、あたりに香
る甘いバラの香りが見事です。
できればこのままずっと残ってほしいですが、工場用地で
もあり用地が本格的に稼働すればいつ抜き取られても不思
議でないのが心配です。






  

Posted by メドウおじさん at 20:18Comments(2)バラの話題

コウシンバラ系のミステリーローズ開花

2016年05月02日

我が家の早咲きのバラはモッコウバラですが、続くのは
コウシンバラ系の由来が謎のミステリーローズたちです。
全部で3種類あります。一つ目はオールドブラッシュと呼
ばれるチャイナピンクのバラによく似ています。二つ目は
木立性の少し小ぶりの花の濃いピンクです。四季咲き性
がとても強く正に庚申咲きです。3つ目は濃いピンクの半
八重咲でブッシュタイプの半つる性です。このバラは紫川
の河原に咲いていたものを挿し木しました。元株のあった
場所は河川改修され元株も処分されてなくなっていました
。偶然ですが救出で来てよかったです。
コウシンバラ系は木立性から半ツル性まで色々あります。
一季咲のものから四季咲きまで花の咲き方も多様ですが
樹勢は強く育てやすいです。ただ枯れることはありません
がうちではやや黒点に弱いこと、花持ちが悪くすぐ散るこ
とですがそれでも病気に弱いHT系の品種と比べるとずっ
と育てやすいです。日陰にも強いので今後は和の庭への
活用を考えたいです。


小ぶりの四季咲き性が強いコウシンバラ系です、木立性です。





オールドブラッシュと呼ばれるチャイナ系のバラによく似ています。
ブッシュ樹形で四季咲き性で香りも良くお気に入りです。





紫川の河原で見つけたバラです。ブッシュ樹形で一季咲です。
これとよく似たバラを近所の農家さんで見ました。どういう
由来なのかとても気になっています
  

Posted by メドウおじさん at 18:59Comments(0)バラの話題

ナニワイバラの開花

2016年04月29日

モッコウバラに続いて原種バラのナニワイバラが咲き始め
ました。ナニワイバラは中国原産の花径が10cm近くある
大きな一重バラです。濃くてぶ厚い照葉を持ちうどん粉や
黒点とは無縁の超強健種のブッシュつるバラです。挿し木
で簡単に殖えますが放っておくと巨大モンスター化するの
で要注意ですがバシバシ切っても強い樹勢なので大丈夫
です。同じタイプでピンク花のハトヤバラというのがある
そうなのでいつか入手できればと思っています。








  

Posted by メドウおじさん at 18:46Comments(0)バラの話題

キモッコウバラが開花

2016年04月22日

モッコウバラは黄モッコウと白モッコウがあります。さらに
それぞれ花姿が一重と八重があります。古くから一番見
かけるのが八重の黄モッコウですがたいへん丈夫で花付
が良いことからモッコウバラというとこの種を指すことが多
いようです。ただ残念なのは花に香りがありません。他の
3種類はそれぞれ爽やかな甘い香りがします。数年前に
白モッコウの八重と一重、黄モッコウの一重の小さなポット
苗を植えました。白モッコウ2,3年前からボチボチ花が咲
きましたが黄モッコウはなかなか咲かなかったのですが今
年やっと花が咲きました。花付は八重ほどよくはありません
が、八重にはない爽やかな香りがして期待通りです。今年
は花後にお礼肥をして来年に備えたいと思います。


やっと咲いた黄モッコウバラの一重です。白モッコウより香りは弱いですが
爽やかな香りがします。



今年は八重の白モッコウが沢山咲いています。



今年は蕾が多いので満開が楽しみです。

  

Posted by メドウおじさん at 21:07Comments(2)バラの話題

ミステリーローズと野バラたち

2016年04月13日

園芸雑誌で見るような見事なローズガーデンにあこがれて
HT系のモダンローズを植えて育て始めましたが春先はとも
かくも梅雨時から秋にかけては病害虫の発生にあって散々
な目にあってきました。
あまりにも手のかかるHT系のバラは今の時分の力量では
無理があるので昨年から、元々原種好きという事もあって
野バラやミステリーローズと呼ばれるコウシンバラ系のもの
などに切り替えました。
また地植えよりも水やりの手間はかかりますが好条件の場
所に移動しやすい鉢栽培で育てています。今の所病害虫に
も強く狙い通りに成長しています。早いものはボチボチ開花
も始まっています。またこれらのバラは和の庭にも使い易い
のでレイアウトにも使えそうです。



正体不明のコウシンバラ系のミステリーローズです。このタイプは
四季咲きで季節を問わず楽しめます。

  

Posted by メドウおじさん at 18:32Comments(0)バラの話題

レッド・カスケード

2016年03月23日

挿し木苗で頂いた赤い小輪のミニつるバラで名称不明だっ
たものですが今回判明しました。品種名はレッド・カスケー
ド、米国の作出で品種登録はされているかどうかは不明で
す。今までレッドカージナリスとかレッドルブラとか勝手に呼
んでいましたが判明してすっきりしました。同じミニバラでも
白花のグリーンアイスよりクライミング性が強いです。
性質は大変丈夫で花付もいいですが日当たりが悪いと成
長が鈍り2,3年すると枯れてしまいます。
とても扱いやすいバラでベランダなど狭い場所で育てるの
に適しています。




元株が日陰で枯れそうになったので挿し木で救出しました。今年は2年目なので
より一層の成長を期待しています。


  

Posted by メドウおじさん at 19:27Comments(0)バラの話題

国内産野生バラの新芽

2016年03月02日

国内産の野生バラ、ノイバラなどの新芽の展開が始まり
ました。ツクシイバラやノイバラなど早咲きの種類はもう
立派な新芽が展開しています。野生のノイバラなどはどれ
も同じような花が咲くものと思っていましたが注意してよ
く見ると花径、花色、葉の質感(照葉か否か)棘の有無な
どかなり個体差があることがわかりました。結構マニアック
な楽しみ方かもそれませんが、それぞれの株の個性が見
てとれて面白いです。


我が家のミステリーローズの一つです。コウシンバラに似ていますが四季咲きではなく
一季咲です。早咲きの部類です。

 

野生のテリハノイバラです。実生で育てています。



棘なしのノイバラです。蕾から開き始めはピンクがかかります。



海岸性のテリハノイバラです。なかなか花が咲きません。



ツクシノイバラです。テリハノイバラによく似ています。

  

Posted by メドウおじさん at 20:35Comments(0)バラの話題