防災植物

2016年12月08日

先日NHKのニュースで大地震など甚大災害が発生した
際に野菜の代替物として食用になる野草の紹介がされて
いました。高知県の92歳になられる男性が災害時の緊急
食料の大部分がインスタント食品で野菜不足を防ぐのに
身近な野草が利用できることを紹介しその啓蒙に努めて
おられるそうです。このことは私もまったく同感です。
かつて太平洋戦争後食物が不足した折に都市住民は野草
を食べることもあったようですが、食用になる種類、毒
の有り無しなど知識不足でまともな調理ができない事が
多かったようです。人生は何がいつ起こるのかわからな
いのですからこうしたサバイバル術も日ごろから経験し
ておくのも必要かと思います。食用になる山菜、野草は
数多くありますが防災植物としては、ごく身近なものが
良いと思います。今回下記のものをあげておきます。
ツユクサ、ハコベ、タンポポ、スベリヒユ、イヌビユ
ノビルを紹介します。




ツユクサです。シャキシャキした食感が楽しめます。



ハコベです。お浸しや天ぷらがいいです。癖のない野草です。





新芽や新しい葉、花びらなどを天ぷら、サラダで食べますが、かなり苦みが強いので
慣れない方はアク抜きの必要があります。




スベリヒユです。きんぴらなど炒め物が美味しいです。



イヌビユです。癖がなくホウレンソウのような食感です。お浸し、てんぷらが美味しいです。


ノビルです。野生のネギで強い香り(ネギ臭)があります。球根は小さな玉ねぎのようです。

今回紹介した野草はちょっとした空き地なら日本のどこでも見かける身近なものです。


  

Posted by メドウおじさん at 20:34Comments(1)山菜食べ物

クレソンとオオバタネツケバナ

2016年12月06日

今年の春にご近所さんたちとバーベキューをしたときに
近くの水辺で採取したクレソンが美味しかったので自家
栽培中です。ステーキのつまとしてではなく鍋やスキヤキ
の具材としておいしいです。本来は流れのある水辺が最適
環境ですが水を切らさなければ畑でも育てられます。今回
は管理のしやすさを考えてポットで育てています。さすが
に夏の暑さを乗り切るのは容易でないので秋に発芽した苗
を育てています。同時に近くの水辺でクレソンの近縁種で
日本在来のクレソンというべきオオバタネツケバナを見つ
けたのでこれも一緒に育てています。松山ではテイレギと
呼ばれ地方野菜として一般に食されているそうです。両種
はよく似ていますがクレソンの方が大型で食べがいはあり
そうです。在来種好きの私としては控えめなオオバタネツ
ケバナも興味芯々です。来春食べ比べるのが今から楽し
みです。





左がクレソン、右がオオバタネツケバナです。


  

Posted by メドウおじさん at 19:54Comments(4)山菜和ハーブ

元寇、防塁跡

2016年11月30日

先日所用で福岡市西新の西南大学に行ったのですがここ
ではキャンパス内から元寇防塁の跡が発掘され一部が復
元展示されています。
ここの防塁は二重構造で石積みと土塁が平行に作られて
います。博多の元寇防塁は今宿の生の松原から東区の
香椎まで博多湾の波打ち際に構築されていました。文永
の役後、執権、北条時宗が九州の各国の御家人に命じて
作らせたので場所場所でその造りが違っているそうです。
防塁は主に西区など博多の西部の博多湾沿いで発見され
ていて東区では今まで見つかっていなかったのですが、最
近防塁跡が見つかったと聞きました。福岡市は古代那国か
ら続く歴史深い街なので都市部は掘れば必ず遺跡が出る
そうです。遺跡が出ると正直、迷惑な方も多いでしょうが
歴史の真実を明らかにするために是非、発掘に協力いた
だきたいと思います。



西南学院大学校内にある復元された元寇防塁です

 

校内には詳細な説明版が掲示されています。



詳細なパンフレットも作られていて、無料で頂けます。

  

Posted by メドウおじさん at 20:17Comments(2)その他

山里のイチョウ

2016年11月28日

イチョウは普通公園や街路樹、神社仏閣に植えられること
が多く野生の実生で大きく育つことは稀です。
東谷には里山の山裾に何本かイチョウがあり今の季節
見事な黄葉が見られます。個人的にはこうしたイチョウ
は自然発生したものではなく人の手に寄って植えられた
ものではないかと思っています。イチョウは御神木として
神聖な場所に植えられることがままあります。山すそには
山神様を祀ることもあり祠なども少し残っています。山
すそのイチョウが野生のものか人の手になるものかは現
地を調べないとなんともいえません。私有地の敷地の中
にあることが多いので入るには許可がいるので確認には
もう少し時間がかかりますが遠目から黄葉を楽しむ分に
はOKかと思っています。


山裾のお宅の敷地内にあるイチョウです。



こちらは谷筋にあるイチョウですがチョット近づくのが難しくて現地確認できていません。


  

Posted by メドウおじさん at 19:27Comments(0)季節の花

幻の世界遺産、東田・西田岸壁

2016年11月26日

八幡製鉄所関連施設が世界遺産に認定されてから1年
以上になりますが、併せて申請された河内貯水池や東田
溶鉱炉などは残念ながら認定から漏れました。同様に選
から漏れたものに洞海湾沿い東田緑地周辺の岸壁があり
ます。枝光のウィング裏に広がる緑地は昔は八幡製鉄所
構内の一部でした。岸壁は明治時代後半から大正年間初
めにかけて製鉄所建設とほぼ同じ時期に作られました。
130年経った今でも岸壁は現存しています。岸壁には今
も鉄製の係留止めが多く残っています。
世界遺産にはなれませんでしたがここも立派な近代化遺産
です。




東田緑地公園です。かつて死の海と呼ばれた洞海湾の面影はなく見事に蘇っています。




八幡製鉄所構内の岸壁です。緑地公園の東田岸壁からの続きです。




製鉄所時代の係留止めも残っています。



東田岸壁のアップです。
  

東谷の水質

2016年11月23日

東谷地区は東に平尾台、西は福知山に連なる山々に挟ま
れ中央を東谷川が流れています。東側の平尾台の麓には
いくつか平尾台からの伏流水の湧水が湧いています。源
流部はやや硬度が高めのミネラル水で爽やかな飲み口で
す。西側には谷筋に沿って多くの谷川がありますが水量が
少ないので常時水の湧く湧水はあまり見かけませんが地下
水が多いです。有名なのは無法松酒造さんの仕込み水が
あります。こちらは軟水系で日本酒の仕込み水にも使われ
ています。有料で購入することも可能です。我が家にも井戸
があって水道水が引かれるまでは飲用の生活水で使って
いました。今は庭の水で使う程度ですが場所から見て軟水
系のようです。全般的に東谷は水が美味しいと言われ、お
米も美味しいと言われるのも納得が行きます。




東谷最大の湧水、市丸の大清水神社の湧水です。



呼野のお糸池の湧水です。お糸池ガシャモクの生存に欠かせない水源です。



井手浦の立花川の源流です。こちらも平尾台の伏流水です。





無法松さんの仕込み水に使う地下水です。こちらは東谷川の西側になります。


我が家の井戸です。昔は飲用で使いっていました。  

Posted by メドウおじさん at 07:43Comments(6)東谷(北九州)の紹介

秋庭の整理

2016年11月20日

このコーナーは春先はクリスマスローズに始まりスミレが
咲き山菜のウルイ(ギボウシ)が獲れます。ギボウシは梅雨
の時期に薄紫の花を咲かせ、夏にはホタルブクロやメドウ
セージが咲きます。秋になるとアキチョウジが咲き、今年は
コンギクがよく咲きました。さすがに11月も半ばが過ぎ秋
の花も終わり来春に備えた冬準備のころです。このコーナ
ーはほとんどが宿根草なのでバッサリ刈り取り、クリスマス
ローズは古葉を除きます。こうしておくと春の花付が良くな
ります。今年の秋冬は思い切った剪定が必要なので少し
ずつやっていこうと思っています。


                            BEFORE



AFTERです
  

Posted by メドウおじさん at 21:00Comments(0)庭作り

ソロ用ライト・ペンタタープ

2016年11月19日

このソロ用のペンタタープはステッキ状のポール一本とペグで
簡単に設営できるのでソロライダーの夏キャンプなどでよく使
われます。広島在住時代に野宿旅をしたのですがその時に使う
つもりで購入したのですが実際は車中泊で使う機会がありませ
んでした。その後一度魚釣りの時日除け用に使いました。私の
アウトドア・ライフのアイテムの中では出番の少ない部類です
がもう一度、野宿旅で使ってみたいものです。





写真は探したのですが見つからなかったのでメーカーの
スノーピークさんよりお借りしました。このようなシチュエ
ーションで使います。


  

Posted by メドウおじさん at 20:16Comments(2)アウトドアの道具

ノイバラの大株、伐採

2016年11月18日

私の勤務地の近くに見事な野生のノイバラの大株があり
春になると豊かな香りと大株全体が真っ白な雪に包まれ
たようになり毎年その開花が楽しみでした。ところが先日
突然伐採されてしまいました。大きいものは株下の直径
が15cmくらいあり相当年月が経っていたと思われます。
私有の工業用地なので所有者がジャマと判断されたの
でしょうが残念です。
ノイバラは成長が早くその棘も強いので厄介者扱いされる
ことも多く園芸の世界の専門のバラ園でも導入している所
は少なく人の手の入らない山中の藪や荒れ地、河原など
で見かける程度ですが大きく育った株の花の香りは見事
です。ヨーロッパ系の。ダマスク系の香りとは少し違います
が丈夫で病気の心配のない育てやすいバラです。ノイバラ
は丈夫なので伐採されても数年で元のように花が咲くと思
いますが、除草剤などの薬剤を使われると、THE END
なので気になっています。


今週初めから伐採が始まりあっという間にきれいさっぱり刈り取られました。

 


昨年の開花の様子です。この光景がもう見られないかもしれないのは残念至極です。

  

Posted by メドウおじさん at 18:45Comments(0)季節の花バラの話題

平尾台草原再現コーナー

2016年11月13日

先日久しぶりにいのちのたび博物館を訪れたのですがここ
の3Fデッキ部は平尾台の草原を再現したコーナーがありま
す。忠実に草原を再現するために平尾台の鉱山の草原部
の表土を持ち込んで作ったそうです。表土には平尾台の在
来の植物の種が多く含まれそれが発芽して育ち自然な草原
が再現されています。今の時期はオカルガヤやヤマハギの
仲間が目につきました。意外だったのは平尾台名物のスス
キがほとんど見られないことです。このコーナーは草原の自
然推移を見るためにあえて手を加えずに見守っているようで
すが、センブリやリンドウなどの花を見たかったのですが見
当たりませんでした。
山野草らしい花としてはキキョウが一輪咲いていました。
広大な草原に比べごく狭いコーナーでは手入れなしには多
くの種類の植物を見ることは難しいのかもしれません。この
コーナーがどうなっていくのか、ひそかに関心を寄せていま
す。


平尾台の草原再現コーナーです




  

Posted by メドウおじさん at 21:36Comments(4)東谷(北九州)の紹介

くろがね線鉄橋

2016年11月12日

JR枝光駅前の国道をまたぐ新日鉄専用線の鉄橋があり
ます。これが世界有数の鉄鋼メーカーらしく重厚でまさに、
THEアイアンという感じのものです。くろがね線は複線の
専用引き込み線で上下線のそれぞれがトラス構造とアー
チ構造の鉄橋が日本並走しています。橋台の下部を見た
のですが鉱滓ブロックか花崗岩の切り出しブロックで作ら
れたもののようです。くろがね線は世界遺産からは漏れま
したが立派な世界遺産です。ここに「勝手に近代化遺産」
に認定したいと思います。(笑い)




こちらは三角形のトラス構造です





こちらがアーチ構造の鉄橋です。


鉄橋を支える橋台です。かなり古いもののようです。


  

Posted by メドウおじさん at 21:10Comments(0)勝手に近代化遺産

キクイモ

2016年11月11日

キクイモは元々救荒作物として輸入された北米原産のキク
科植物で背丈は成長すると2mを超す高さになります。
その根茎部が肥大した根塊(イモ)を食用にしました。現在
は各地の空き地などに広がり野生化しています。
近年キクイモの根塊にイヌリンという多糖体が多く含まれて
いることが判明し健康食品として脚光を浴びています。また
食物繊維も多く含んでいます。イヌリンは大腸内の環境改善
を図ります。(善玉菌を殖やす)そのメカニズムはイヌリンが
善玉腸内細菌の有効な餌になるようです。また動物実験で
は血糖値の改善効果も認められています。食用にはシャキ
シャキした食感を生かしきんぴらなどの炒め物が一般です
が今回はドライにしてパウダーにしました。


キクイモの花です。



ランナーで殖えたキクイモの根塊です。


薄く切って乾燥させます。




乾燥させたものをすり鉢でパウダーに挽きます。



出来上がったパウダーはスープやみそ汁に入れて飲んでいます。香ばしい香りで結構いけます。

  

Posted by メドウおじさん at 20:23Comments(0)山菜ハーブ食べ物和ハーブ

重留遺跡、広形銅鉾

2016年11月10日

小倉北区重留で出土した広形銅鉾がこのたび国の重要
文化財に指定されたことで「いのちのたび博物館」では11
月6日まで特別展示が行われていました。重富遺跡は弥生
中期から後期にかけての遺跡で近隣には最近大型の方形
周溝墓が発掘された城野遺跡もあります。どうやらこの辺
り一帯は弥生中期から後期にかけての大型集落で「豊の
国」の企救県(キクアガタ)の中心地だったのではないかと
睨んでいます。この地を治めた豪族のことはその正体はい
まだ謎だらけですが時代的に見てヤマト政権成立直前の
豪族の邑だったのではないかと思います。
北九州は古代から企救の県と呼ばれていたにも関わらず
、その全容は不明なことが多かったので考古学的にもそ
解明が進むと思うと楽しみです。

いのちのたび博物館は何度来ても新しい発見があって面白いです。
我が家から少し遠いのが難点です。





重富遺跡の広形銅鉾は完全な形で出土しました。祭祀にもち
いられたようです。いのちのたび博物館では今回、銅鉾の復
元実験をしています。私も今回初めて知ったのですが出来立
ての青銅銅鉾は黄金色に輝き神秘性たっぷりでした。写真で
お見せできないのが残念です。特別展示は終了しましたが
いのちのたび博物館で見ることが出来ると思いますので、ご
興味のある方は博物館に問い合わせてみたらいかがでしょう
か。093-681-1011

  

Posted by メドウおじさん at 19:53Comments(0)古代史

コーヒー生豆の焙煎

2016年11月07日

お友達から頂いたコーヒー生豆を薪ストーブで焙煎しました。
我が家の場合ストーブの炉内が200度くらいがやりやすい
です。(表面温度が100度くらいです)銀杏の焼網に生豆を
入れて熾火の上で網を振るいます。炉内は高温なので火傷
しないように皮手袋か調理用のミトンを用います。豆が焦げ
すぎないようにずっと振ります。豆がパチパチはぜて白っぽ
い豆が徐々に茶色からこげ茶に変わっていきます。私の好
みはミディアム・ローストと言われる茶色の炒り具合からこげ
茶になったシティ・ローストが好きです。一回に作る量は30g
程度にしています。あまり多いと網を振るのに疲れてしまいま
す。自家焙煎すると部屋中に焙煎香が漂い豊かな気分にな
れます。ちなみに焙煎はフライパンとガス・コンロでもできます
が少し豆を多めに炒るのがコツで木べらでかき混ぜながら焦
げすぎないようにやってください。
自家焙煎はコーヒー好きの方にはお薦めです。生豆はネット
通販で簡単に入手できます。



生豆は銀杏網で焼くと焙煎が楽です。



熾火になった炉内で銀杏網で好みの焦げ具合になるまで網を振るいます



なかなかプロの方のようにムラのない均一な焙煎は難しいですが豆の新鮮さに助けられて美味しく飲めます。


  

Posted by メドウおじさん at 20:04Comments(4)食べ物薪ストーブ

七輪陶芸作品1

2016年11月05日

下の写真の作品はかれこれ15,6年前、広島在住時代に
作った作品です。当時は広島市内のマンション暮らしだった
ので、それこそ一時期は毎週のように愛車に七輪陶芸用具
を積み込んでダム湖畔の谷川沿いの空き地でぐい呑みなど
焼いていました。今なら遠くまで行かなくても自宅で楽しめる
のですが、他にもやることが多すぎてなかなか手につきませ
ん。今紹介している作品は始めたばかりのころの作品で、底
の厚みが厚すぎてずっしり重い物になっています。当時は成
型より釉薬の調合に夢中でいろいろ試して楽しんでいました。
今は身近な土で土器のようなものを作ることに興味があるの
で少しずつ作っていきたいと考えています。


向かって左は風化花崗岩を粉にして釉にしました。薄いブルーが発色しました。
真ん中は無釉で焼いたもので土色の緋色が出ました。
右は鉄分の多い土を挽いて釉にしました。

手軽にいろいろ楽しめる七輪陶芸についてご興味や質問のある方はお気軽に
オーナーへのメールでご連絡ください。
  

Posted by メドウおじさん at 20:55Comments(2)陶芸のこと

ハロウィンのお祭り

2016年11月02日

10月31日はハロウィンでした。元々は古代ケルト人のお祭
りで収穫祭と同時に亡くなった方が蘇るといわれています。
子供たちは各家庭を訪問してお菓子をねだるのですが、もら
えなかったりすると、悪戯しても良いそうです。そんなハロ
ウィンですが今や全世界で祝われており、特に東京の渋谷
では今年も大盛り上がりでした。福岡や小倉の繁華街でも
イベントなどもありますが渋谷に比べたらおとなしいもので
す。ましてや東谷では幼稚園や保育園がお寺さんが経営し
ていることが多いのでイベントなどもないのかもしれません。
先日の東谷フェスタで東谷中学校の生徒さんが案山子を作
って会場に展示していました。農業祭にピッタリなのですが、
せっかくですから市丸や新道寺の生徒さんたちにかぼちゃ
のランタンを作っていただいて秋花火の夜の部でろうそくを
ともすと綺麗だろうなと思ってしまいます。


あるお店のハロウィンコーナーです。


  

Posted by メドウおじさん at 08:45Comments(3)その他

〆打ち

2016年11月01日

10月の最終日曜日に11月3日の東大野神社の秋の例大
祭に向けたしめ縄づくりの〆打ちが行われました。
幸い天気にも恵まれ例年より多くの方が駆けつけてくれて
作業もスムーズに進みました。例大祭のしめ縄は各町内の
入り口に建てられますが、私の町内は東大野神社の一の
鳥居に掲げる栄誉を担っています。しめ縄は3m強の丸太
に手作りの藁縄を巻き付けていきます。手順は以下の通り
です。
脱穀の終わった稲藁を足踏みのセンバコギで藁の薄皮を
はぎとって芯だけにします。できた芯を4,5本ずつ束ねま
す。更に束ねたものを3本か4本ひとまとめにしてねじり
ながら縄を継いでいき2本の縄で丸太を巻いていきます。
端まで巻き終わったら、両端をこれも手作りの菰と縄で留
めます。さてこれからが大仕事です。出来上がったしめ縄
は2tトラックで東大野神社、一の鳥居まで運び鳥居に建て
ます。ユニックと滑車を使い吊り上げます。高所作業で危
険も伴いますが全員で協力して組み上げ飾りを付け、真竹
の囲いを設置して完成です。町内には土木系の技術者の
方や重機操作に慣れた方もいてスムーズにできました。
最後に無事終わったことを感謝しつつ公民館で反省会を行
ったのですがざっくばらんな話次世代にどう繋いでいくか、
話題になりました。結論は出ませんでしたが、なかなか奥が
深い問題です。


町内総出でしめ縄を作ります



稲藁を束ねて縄を編み込んで作ります。



しめ縄の出来上がりです。



ユニックと滑車で吊り上げて鳥居に吊り下げます。



無事奉納が出来ました。


  

Posted by メドウおじさん at 21:44Comments(1)東谷(北九州)の紹介

絶滅した淡水生物たち

2016年10月30日

東谷を含む三谷地域は紫川とその支流、東谷川の上流域
で田舎度が高い(いい意味です)農村地帯ですがその自然
指標(魚類や貝類)は私が子供のころとは比べようがないほ
ど低下しています。東谷川ではハヤなどは生存しているも
ののカワムツやドロバエ(アブラハヤ)が多く白ハエ(オイカ
ワ)などは減少しています。昔は用水などで見られたメダカ
やタナゴはすでに絶滅したようです。タナゴの生存に欠か
せないカワガイもすでに絶滅しているようですしわずかに
一部でシジミを見ることが出来る程度です。
魚釣りの餌として重宝したモエビも用水が三面コンクリート
の既成溝になってからは姿を消しました。蛍も本流域は河
川改修で川床環境が変わりシルトの堆積で餌となるカワ
ニナが減少して見かけません。河川改修は安全確保の
ためある程度仕方のないことですが、用水の方は工夫
で何とかなる気がします。素人考えですが昔のように通
年導水が出来れば相当環境が改善される気がしますが
、いろいろ難しい問題点もあるのでしょう。


昔は用水路で見られたタナゴとカワガイ(カラスガイかドブガイ?)
です。写真はネットからお借りした水槽飼育しているタナゴです。
  

Posted by メドウおじさん at 18:32Comments(4)東谷(北九州)の紹介鳥や小動物

エビヅル酒ノブドウ酒2016

2016年10月28日

今年のエビヅル、ノブドウ(ウマブドウ)は収穫のタイ
ミングが遅れて状態の良いものがあまり採れませんでし
た。今年のホワイトリカー漬けは氷砂糖は使わずにごく
小量だけ作りました。昨年、一昨年に作った分が砂糖が
多すぎて甘くなりすぎたので今年の分をブレンドして
奄美を調節して使おうと考えました。また、ノブドウ酒
は飲用だけでなく塗り薬として使えば痛散効果が期待で
きます。半年漬ければ飲めるようになります。




さあ、今年はどんな味に仕上がるか楽しみです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:30Comments(1)食べ物

刈穂の水田

2016年10月26日

ここの田圃は9月の上旬に稲刈りを終えていてその後も
気温が高めに推移しているので刈穂から2番穂が伸びて
田植え跡のように青々としています。更によく見ると2
番穂には小粒ながらモミが出来ています。殻を割ると小
さなお米が出来ていました。例年なら2番穂には気温が
下がって実は入らないと思うのですが今年はちょっと様
子が違います。ここは農業法人の方が耕作しているので
家畜のえさにするのかもしれません。そういえば10日ほ
ど前から庭では金木犀が香っています。今年は1回目が
9月の20日過ぎに咲いたので2番花という事になります
がこんなことは初めてです。




この様子だともう一回稲刈りが出来そうです。

  

Posted by メドウおじさん at 18:31Comments(2)東谷(北九州)の紹介