東谷の山城

2016年09月26日

戦国時代の前半、東谷を含む三谷地域はこの地方の豪族
長野氏の一族が治めていました。本貫地は石田の横代で
すが三谷の山並みには砦クラスの山城が多く作られていて
今でもその遺構が残っているそうです。言い伝えや北九州
の山城を調べたHPでは椎の木城(加用から桜橋に至る紫川
東岸の山上に作られた山城)、稗畑山城(宮山と呼ばれる山
本の西大野神社の裏山)合馬の大三岳城、木下城(木下、
亀甲にあった小野田氏の山城)井手浦の剣立山、塔ヶ峰城
などがあります。どれも打ち捨てられて堀切の遺構だけが
残っています。全部は無理でもいくつかは登山道が整備さ
れて遺構が見学コースとになればありがたいです。



合馬の大三岳城のあった山です。戦国時代末期、長野氏の一族の居城でしたが豊臣秀吉の軍勢との
戦で落城しました。



徳吉東の山並です。ここには長野氏の椎山城がありました。


西大野神社裏山の稗畑山城です。西大野神社のご神体の山ですが戦国時代は長野氏の一族の山城でした。
この見事な神奈備型の山はこの辺り一帯が弥生時代の集落であったと処から古代の信仰の対象だったのでは
ないかと個人的には思っています。



右側の尖った山塊が塔が峰です。長野氏が築城中に大友氏の軍に攻められ落城しました。

 

小野田屋敷の裏山にあった木下城跡です。
  

Posted by メドウおじさん at 18:33Comments(1)東谷(北九州)の紹介

エビヅルの季節

2016年09月24日

今年も九州の山葡萄、エビヅルが色づき始めました。
エビヅルは直径5mmほどの小さな野生のブドウで
本州の東北や北海道に多い野生の葡萄、ヤマブドウ
より一回り小さなブドウです。味の方は残念ながら
ヤマブドウに比べると少し落ちますがそれでもよく
熟した果実は甘酸っぱく野生の味です。実が小さく
種が多いので食べるにはあまり適しませんがホワイ
トリカーに漬け込むと見事な紫色に染まりカクテル
の素材にピッタリです。エビヅルは東谷でもどこに
でも生えているノブドウ(ウマブドウ)と違い意外と
少ないです。さらに株が雌雄異花で雌の株でないと実
がならないのとアケビと同じで株がかなり大きくなら
ないと実がならないようです。今年は実生と挿し木に
挑戦して庭に迎えたいと思います。



まだ全体的には少し早いですがエビヅルが色づき始めました。



昨年仕込んだエビヅル酒です。いい色に仕上がりました。


  

Posted by メドウおじさん at 20:58Comments(0)食べ物

東谷フェスティバル

2016年09月20日

10月22日(土)と23日(日)は恒例の東谷フェス
ティバルです。22日はコンサートに夜は秋花火が行わ
れます。翌23日は体育館で各町内の公民館の文化活動
の発表展示会や演芸披露会、野外では農業祭で新鮮野菜
などの軽トラック市、婦人部会やボランティアグループ
のバザー市が行われます。市では地元の方の手作りクラ
フトの販売が行われます。個人的にはクラフト市の出展者
が増えて日曜マルシェもタイに賑わうようになればいいな
と思っています。フェスティバルは平尾台登山道の手前、
東谷市民センター前の興農会で行われます。ぜひ多くの
方に来ていただきたいと願っています。





昨年のマルシェの様子です。   

Posted by メドウおじさん at 19:26Comments(0)東谷(北九州)の紹介

リンドウにチャレンジ

2016年09月19日

先日秋の青系の花が好きだとどこかで書きましたが特に
好きなのがリンドウです。リンドウは春咲きのものと
秋咲きのものがあります。東谷では野生種では春のフデ
リンドウをたまに見かけます。秋のリンドウは里では見
かけません。平尾台や福智山の一部で自生しているよう
です。これまでも野生種、園芸種を問わず毎年のように
植えていますがどうもうまくいきません。秋に咲いて翌
春新芽は出るものの、そのごの生育が悪く夏越しできま
せん。地植えだと他の雑草に負けるようです。以前鎌倉
の古刹の庭に咲いていた様子がなんとも詫びていていい
感じだったので何とか再現させたいと思っています。
とりあえず1年を通して育つように今回は鉢植えで育
ててみます。


甘木市で品種改良されたリンドウでアマギリンドウ、心美シリーズの「静」といいます。
他にも濃いピンク色の「舞」、白花で青いストライプの入るバイカラーの「白寿」と3種
類あります。5,6年前までは値段も高かったですが今は値もこなれています。
  

Posted by メドウおじさん at 08:54Comments(2)季節の花

ものづくり工房 技術室、訪問

2016年09月17日

先日人生の楽園の再放送で行橋市長音寺で中学校の技術
課の教師を早期退職してご自宅に木工など各種手作り作品
の工房を立ち上げた方の放送がありました。工房では地域
の方に気軽に手作り作品を楽しんでもらえるように格安で工
房をレンタルしたり、トンボ玉や草木染の教室を開いたりし
ています。
工房は基本材料は持ち込みで工具は自由に使えます。
私の奥さんは以前木工教室に通っていたので大変興味
深そうでした。私は木工はしませんが敷地が広いので七
輪陶芸などやらせてもらえると嬉しいです。工房までは
自宅から30分以上かかりますが駐車場も広いのでとて
も便利です。






お邪魔したときに写真を撮り忘れたので人生の楽園の再放送から画像をお借りしました。

  

Posted by メドウおじさん at 18:52Comments(2)香春・田川・京築

クリエーターズマーケットIN田川市美術館

2016年09月16日

9月11日に田川市美術館前庭で行われたクラフトのマル
シェに行ってきました。本来はその前の週の土日に行われ
る予定でしたが台風の影響で日延べされたようです。
10軒ほどの作家さんたちが出展されていました。今回は
長崎から来られた吹きガラスの作家さん作品を気に入った
奥さんが購入しました。ちょっとアルコールランプの形に似
た感じの酒器で蓋の部分が盃になっています。その他にも
木工、金工、陶器、押し花、手作りアクセサリー、トンボ玉
などバラエティに富んだ出店で興味深い内容でした。








クリエーターズマーケットの様子です。



フェンネルも久しぶりのお出かけで楽しそうです。





長崎ガラスの酒器です。

  

Posted by メドウおじさん at 20:25Comments(2)香春・田川・京築

彼岸花の仲間たち

2016年09月13日

9月に入りお彼岸が近づくと彼岸花の季節です。元々は
大陸からの帰化植物ですが相当古い時代から日本各地
に自生しています。赤が標準色ですが白や薄黄色の改
良種もあるようです。最近は稲刈りが早くなっているの
で黄金色の田と赤い彼岸花のコントラストを目にする機会
は少なくなりましたが、タイミングよく目にできると秋の季
節を感じます。最近は彼岸花の仲間の園芸種が色々と
あるようです。個人的感想ですが園芸種のものは野生の
ものより若干開花が早い気がします。今年はまだ棚田の
彼岸花を見ていないので今週の休みに出かけてみたい
と思います。


用水脇に咲いた彼岸花です。





園芸種の彼岸花の仲間です。野生種より少し早く咲くようです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:21Comments(2)季節の花

旧陸軍12師団司令部跡地

2016年09月11日

小倉城は幕末期対長洲戦争時、小笠原藩の手によって自
ら自焼しました。明治になってからは本丸、二の丸跡地に
陸軍の12師団司令部や第12旅団の司令部がおかれま
した。その後は終戦時まで小倉北区は軍都として機能して
きて小倉城周辺は造兵省の軍需工場が立ち並びました。
終戦直前には米軍による原爆投下目標でしたが運命の
8月9日は小倉上空は厚い雲で覆われ目標を特定でき
なかったため、原爆を搭載したB-29は第二目標の長
崎に向かいました。戦後軍需工場は閉鎖されその跡地は
長く放置されてましたが昭和40年代から本格的に再開発
が始まり現在は勝山公園として広く市民に親しまれていま
す。今、小倉が軍都であったことを示す数少ない遺構の一
つです。



陸軍12師団司令部正門跡です。本丸跡にあります。





こちらは隣の第12旅団司令部跡地です。



明治時代の野戦砲が野外展示されています。

  

Posted by メドウおじさん at 08:52Comments(2)東谷(北九州)の紹介戦争遺産

大山祇神社

2016年09月10日

呼野の大山祇神社は鳥居が上呼野の手前の旧322号を
横切る踏切の手前にあります。鳥居をくぐって進む参道が
日田彦山線を横切っていて珍しい作りです。実際は神社
への道は線路のガード下をくぐって進むようになります。
日田彦山線が後からできたときに神社の参道を横切って
作られたようです。この大山祇神社はいわゆる「山の神」
で鉱山に縁の深い神社です。呼野ではその昔、金や銅が
多く産出されました。今も近隣では石灰鉱山の採掘が進
んでいます。またこの神社には根回りが7mを超す大銀杏
があります。福岡県の天然記念物に指定されていますが
近年樹勢が弱っているようで地元の方々が手厚い保護を
しています。巨大な枝がその重量で根に悪い影響を与え
ないように鉄骨で支えています。本来なら強剪定をするの
が良いのかもしれませんが樹勢の復活を待っているのだ
と思います。ここのご祭神は大山祇の大神、その娘のコノ
ハナサクヤ姫で家の奥さんのことを「山の神」というのは
この女神様のことを言っています。山の神は美しくも時に
怒ると怖い女神様のことです。また大銀杏は銀杏の生る
雌木で「山の神」の象徴です。
博多の山笠で有名な櫛田神社にも銀杏の大銀杏があり
ますが、そこも女神のクシナダ姫様をお祀りしています。



正面階段を上ると、なんと線路が横切っています。




境内の鳥居と天然記念物の大銀杏です。



根が傷まないように太い枝を支えています。

  

Posted by メドウおじさん at 19:24Comments(4)東谷(北九州)の紹介

古代の産業史

2016年09月04日

私が学生のころは弥生時代後期の倭国大乱と言われる九
州北部の小国同士の騒乱が続きましたがこれは主に稲作
適地をめぐる争奪の戦いであったと習ったように思います
が近年の考古学では稲作適地というより鉄器製造や金属
加工技術をめぐる争奪戦であった可能性が高いそうです。
また弥生文化の伝播も稲作技術が重要ファクターだった
と思いますが、金属加工技術の伝播と歩調を合わせてい
る節が感じられるそうです。東谷地域では古くは奈良時代
の大仏製造にこの近辺の銅が使われたそうですしそれ以
前の古代においても香春の採銅所近辺では渡来系の人
々による金属加工が盛んにおこなわれたようです。ここの
呉川ダムには呉という中国由来の地名が残っていますし
、神功皇后がこの地の鏡山で戦勝祈願を行ったという言
い伝えも残っています。また鏡山神社の隣には河内王と
いう天武天皇に由縁のある皇族の墳墓が残されています。



呉川にかかる石橋です。



香春の鏡山神社です。鳥居の前は古代官道が通っています。神功皇后ゆかりの
神社です。



河内王の墳墓(古墳)です。この近辺は古代の香り豊かな地域です。



  

Posted by メドウおじさん at 19:00Comments(2)古代史

アジサイ(明月院ブルータイプ)の挿し木

2016年09月03日

知り合いの方に我が家の明月院ブルータイプのアジサイ差
し上げるに挿し木苗を作りました。このアジサイは日本産で
スカイブルーの色味が濃いタイプでヒメアジサイの系統と思
われます。確定はできませんが葉に照りがなく明月院にあ
るヒメアジサイによく似ています。またこのアジサイはドライ
フラワーが作りやすいようで奥さんにも好評です。
我が家の庭は基本赤土で小砂利混じりの土壌でアジサイ
のブルー系の発色には良い土壌です。アジサイを育てて
いる方で青みを美しく発色させたい方は赤玉土+ピートモ
スを入れた土で育てると良いです。反対に赤みを強く発色
させたいときは園芸培養土に石灰石の砕砂を加えると良
です。挿し木苗は翌年の開花は無理でも2年目には期待
できます。



フラッシュをたいたので葉の質感をうまく表現できませんでした。実物はもう少しマットな
感じです。



早くこんなふうに咲かせたいです。


  

Posted by メドウおじさん at 20:54Comments(2)季節の花

自由喫茶のこと

2016年09月01日

以前TVで細川元首相が伊豆の別荘、不東庵でご自作の
楽茶碗を手に型に捉われない自由なお点前を楽しんでお
られました。もちろん元首相は正式な茶道を学ばれた上で
の自由喫茶だと思いますが所作の節々に茶道のメリハリ
を感じますが肩の力を抜いた自由なお点前は見事でした。
私は正式なお点前は一回も経験がありませんがお茶は大
好きです。お抹茶を薄茶で時々自分で点てたりします。
正式な茶道の高い精神性やお茶室、茶花、茶庭といった
日常空間とは少し異なる空間で自分と向き合える茶道は
すばらしいですが形に捉われない自由な喫茶もいいもの
です。普段は自分で楽しむことの多い自由喫茶ですが気
の合う友人と肩の力を抜いたお茶会もやってみたいです。




お気に入りの自作の茶碗で抹茶を点てて薄茶で頂きます。この茶碗は伊賀の赤土を
手びねりで成型して大阪河内の築炉メーカー、松田さんの紫松窯で焼いたものです。
紫松窯は七輪陶芸の発展型の小型の陶芸窯でそのうち詳しくご紹介したいと思います。


  

Posted by メドウおじさん at 20:04Comments(4)食べ物

山の日

2016年08月30日

今年から8月11日は国民の祝日として山の日になりました。
何で山の日なのかはよくわかりませんが7月に海の日があ
るから8月の新しい祝日は山なのかもしれませんね。(笑い)
東谷は小倉南区の南部に位置し東谷川沿いに集落が広が
り東西南部を山に囲まれた地域です。特に南部は平尾台と
いうカルスト台地が広がり最高峰の竜ヶ鼻は600mを超え
ますが大部分は300m~400mの高原台地で台上は珍し
い山野草や石灰岩の奇岩・鍾乳洞などを多く見ることが出
来ます。
台上までは車で上がれる登山道が整備され、地元のJR石
原町駅からは土日は乗合のマイクロバスが運行されていま
す。今や、年間数十万人の登山・ハイキング客が集まるそう
です。また台上の東部ではハングライダーを楽しむ方もおら
れます。地元の観光協会では夏と冬に花火大会を催し、特
に冬花火は寒いのですが珍しいこともあり人気です。またレ
ジャー施設としては平尾台の自然を学びたい方は自然観察
センターを、平尾台の自然を楽しみたい方には平尾台自然
の郷があります。




平尾台は国定公園です。



平尾台の夏を彩る、名花ノヒメユリです。

  

Posted by メドウおじさん at 20:02Comments(2)東谷(北九州)の紹介

山茶の木

2016年08月28日

今年は何故かお茶づくりにはまり春から何回もネットを
見ながら見よう見真似でお茶づくりをしてきました。
我が家には半自生の株が何本かあります。私の父母がこ
こに家を建てる前は山からの土砂が堆積した小砂利の多
い畑で茶の木はそのころ農家さんが自家用に育てていた
ものが残っているようです。そういうわけで我が家の周辺
には茶の木が点在しています。一方で裏山の林縁には野
生の茶の木が点在します。おそらく周辺の茶の木の種を
動物が運んだものと推測できます。どれもまだどれもまだ
株が小さいので実生で殖えたのでしょう。種類は不明です
が葉が大きいのが特徴です。





裏山に生えている実生の山茶の株です。  

Posted by メドウおじさん at 10:37Comments(2)和ハーブ

北九州市の国境石

2016年08月27日

北九州市は江戸時代は今の八幡東区と小倉北区で豊前国
と筑前国が国境を接していました。東区の河内の奥、田代
から流れる大蔵川(板櫃津川)沿いに三条辺り、金毘羅池
から流れる境川が両国の国境になっていました。当時は洪
水で川の流れがたびたび変わり、両国は国境の事で揉め
ることも多かったようです。両国の境には十数基の国境石
が建てられ今もいくつか残っています。最もすべてが当時
の場所に残っているわけではなく、一部は移設されたり、
レプリカに置き換わったりしています。現在北九州市は昭
和38年に五市が合併しもう50年以上になりますが個人的
感想では旧豊前国の門司と小倉、旧筑前国の八幡、戸畑
、若松との間には何とも言い難い微妙な感覚の温度差が
あるようです。


まもなく取り壊しが始まる旧八幡図書館前にある国境石です。元は三条辺りに建てられていたようです。



説明版です。クリックで拡大します



境川の中原辺りにあった国境石です。現在戸畑図書館横に移設されています。



オリジナルの場所近くに建てられている説明版です。境川の中原にあります。



戸畑図書館横の説明版です。



境川河口に残されている国境石です。台座に説明書きが残されています。


  

Posted by メドウおじさん at 19:10Comments(2)東谷(北九州)の紹介

ガシャモク資料館

2016年08月26日

久しぶりに呼野のお糸池に行ってきました。お糸池は呼野
の悲話、お糸さんの話で名高い場所ですが近年では日本
でもまとまって自生している場所はここしかないと言われる
ガシャモクの繁殖地です。ここは日淡派アクアリスト(日本
淡水魚愛好家)や水草マニアの聖地にもなりつつあります
。地元の市丸小学校ではガシャモクの保護、育成を在校生
が中心になって代々行っており、また近年、地元の方も熱
心に保護活動を行っています。今まで、ブログであまり取
り上げなかったのは心ない盗掘や池の環境が荒らされる
のが心配だったからです。今は保護体制も整い立派なロ
グハウス風の資料館も整備されました。
今週の土曜日(明日)はお糸さんを祀るお糸祭りがありま
すがガシャモクの観察小屋を見学するのもいいかもしれ
ません。
(第二日曜しか内部は見学できません)


お糸池の全貌です。奥に見えるのが資料館です。渇水で水量は減っていますが水の
透明度は高いです。

 

ログハウス風の資料館です。



資料館の外にはガシャモクのサンプル水槽が設置されています。



資料館の横の湧水の水源です。渇水にも関わらず湧水が湧いています。
もしこの湧水が枯れたらガシャモクも絶滅するでしょう。



開館のお知らせです。



池の土手にはガシャモクの説明版が背ってされています。

  

Posted by メドウおじさん at 20:11Comments(2)東谷(北九州)の紹介

粉紅茶と粉番茶

2016年08月23日

先日夏の茶葉で番茶と紅茶を作りましたが夏の茶葉で
作ったお茶は、茶葉が硬く厚いので熱湯を注いでも成
分の抽出に時間がかかりました。ゆっくりと時間をか
けて抽出すると味が深くなりますが、ちょっと渋みも
強く出ます。それで抽出が素早くできるように粉茶に
しました。電動の調理用のミキサーかミルがあれば手
軽に粉茶が作れますが、少し時間はかかるものの、す
り鉢とすりこ木でも作れます。出来上がった粉茶は紅茶
も番茶も狙い通りすぐに成分が抽出されて少し軽めで飲
み易いお茶になりました。ただし、粉にしたので香りが飛
ぶのが早そうなのでなるべく早く飲み切った方が良さそう
です。


紅茶の茶葉をすりこぎとすり鉢で粉にします。



これぐらい挽ければ出来上がりです。茎が残っても問題ありません。



さっそく紅茶を淹れました。すぐに飲めてお手軽です。茶葉のままだと淹れて4.5分かかります。





番茶も粉に挽くと飲み易いです。

  

Posted by メドウおじさん at 19:17Comments(2)食べ物

紫蘇梅酢の活用

2016年08月21日

梅干しの着色用に毎年自分で育てた赤紫蘇の梅酢に漬け
込んでから天日で干すようにしていますが毎年余った梅酢
の使い道に苦慮していました。今年は良い方法をゆこむし
さんに教わり活用しています。
キュウリやナスなどの夏野菜サラダにドレッシング代わりに
使い、簡易柴漬けのようにして頂く方法です。また今までも
梅干しに使った紫蘇を乾燥させてふりかけのユカリを作っ
ていました。今年は赤紫蘇が多めに採れたので副産物の
ユカリでなく、最初からゆかりように赤紫蘇をつけました。
なお紫蘇は花が咲いて実がなるとこれを塩漬けにして
保存して利用しています。


梅干しに使った赤紫蘇の梅酢です。



梅酢に赤紫蘇をつけて天日で乾燥させます。



カリカリに乾いたら出来上がりです。いつもは手で揉んで細かくしますが
今回はそのまま保存してノリのような感じで使います。

  

Posted by メドウおじさん at 13:25Comments(2)食べ物

虹色八景VOL3

2016年08月20日

幡東区の情報誌虹色八景vol3が発行されています。少し
紹介が遅くなったので駅などでの持ち帰り分はもうないかも
しれませんがe-bookなどで読むことが出来ます。今号の
特集は新しく制定された山の日にちなんだ内容です。皿倉
山は夜景で有名ですが北九州国定公園にあり福智山や平
尾台とともにその主峰の一つですが都市のごく近郊にあり
ながらも自然が多く残る市民の憩いの山です。八幡の小中
学校の校歌には今も歌われている所があると思います。
虹色八景の今号では編集者自らが地元のガイドさんと一緒
に徒歩で登り、その魅力を伝えています。八幡東区というと
製鉄所のおひざ元で最近は世界遺産登録で脚光を浴びて
いますが先号特集された河内貯水池や今号の皿倉山のよ
うに八幡東区の南部には豊かな自然が多く残されています。



虹色八景のe-bookはwww.zpx.co.jp/ebookで見ることが出来ます。

  

Posted by メドウおじさん at 01:00Comments(2)東谷(北九州)の紹介

夏紅茶づくり

2016年08月19日

以前ファーストスプラッシュというべきか春紅茶を作ってみま
したが、今回はしっかり成長してやや硬くなった茶葉で夏
紅茶を作りました。前回の春紅茶は気温がやや低く、茶葉
の発酵が弱めでしたが。今回は真夏の高温でよく発酵しま
した。茶葉を収穫して一日陰干しして茶葉がしなっと柔ら
かくなったところで、手もみで揉捻しました。結果は揉捻
が不十分なところがあったようで全体的に発酵が均一にな
りませんでした。均一に発酵させるためには水洗いは軽め
にしてラップで包みレンジで10秒ほど蒸した方が良さそ
うでした。このとき長く蒸し過ぎると酵素が壊れるので注
意が必要です。十分発酵が進んで黒くなった茶葉は急ぐと
きはレンジなどで加熱してカリカリにします。この時期な
らレンジを使わなくても日向で一日干すとカリカリになり
ます。後は細かくすれば出来上がりです。



夏場の茶葉で番茶と紅茶を作ります。


紅茶は茶葉を発酵させるので発酵しやすくするために茶葉を10秒ほど電子レンジにかけます




軽く蒸した茶葉を手もみして揉捻します。



三日ほど日に当てて発酵させました。正直なところもう少し発酵させたかったのですが
葉がカリカリになって発酵が止まりました。葉を細かく砕いて出来上がりです。


  

Posted by メドウおじさん at 17:39Comments(0)食べ物和ハーブ